« 深川いっぱこ古本市終わる | トップページ | 学研35ミリ二眼レフ・カーボン(風) »

2009/11/29

学研35ミリ二眼レフで撮る

 先日購入した学研大人の科学35ミリ二眼レフを、ようやく組み立て試写しました。

Gtlr09112801 最初に、組み立てで2箇所つまづいたので、それを報告しましょう。

 まずは最初にして最大のつまづきは、シャッター組み立て。バネの取り付けとネジの調整が非常に微妙で、シャッターレバーを下げればシャッターは開くが、レバーを戻さないと開いたままで自動で閉じない状態でした。ちょうどバルブシャッターのような動き。これは学研のホームページの動画にあるように、繰り返しネジを調整することで解決。シャッターレバーを押し下げると、きれいにシャッターが開き・閉じるようになりました。

 2番目は後から気づいたのですが、スプロケットを回してもカウンターがスムーズに回転せず、ガクガクと動いたり止まったりしました。どうもネジを締め付けすぎたようで、カウンターを押さえるネジをゆるめることで解決。

 最後に、説明書に”組み立て所要時間:約1時間”とありますが、これは相当慣れた人でないと無理のような印象。私の場合は2時間を要しました。

 さて早速、完成したカメラにフィルム(感度400、27枚撮り)を詰めて公園で撮影。

 あいにく曇り空で十分な光がないのですが、紅葉の銀杏並木にレンズを向けてシャッターを押しました。

 出来上がったプリントが上にある写真、色も良いしピントも画面の上下はボケていますが、中央はまずまず。これだけ写れば上出来でしょう。次は、天気の良い日に再度撮影をしたくなりました。

 それにしても、35ミリフィルムの現像+プリントが、こんなに速く仕上がるとは驚きです!ショッピングセンターにあるお店で頼んだら、30分で出来上がり、この程度なら待つのも苦になりません。

|

« 深川いっぱこ古本市終わる | トップページ | 学研35ミリ二眼レフ・カーボン(風) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 深川いっぱこ古本市終わる | トップページ | 学研35ミリ二眼レフ・カーボン(風) »