« 日本橋に坂道はあったのか? | トップページ | 35ミリ二眼レフ登場「大人の科学Vol.25」 »

2009/11/09

陋巷画日記を観る

 Neonさんの個展「陋巷日記」が銀座のギャラリーで開催中。

7dsc09146b 陋巷は、”ろうこう”と読み、論語にも登場している言葉で”狭くむさくるしい町”を表す。

 街の照明にハロゲンライトとLEDが登場して以来、夕暮れの町の明かりを楽しむことが少なくなったような気がする。

 かつて空が薄暗くなりはじめると、看板のネオンサインが灯り、店の窓から電燈の光がもれはじめ、路地に並ぶ建物は複雑な影を作り出していた。そこには無限の深い色合いと明暗があり、夕暮れの路地に豊かな表情を作り出していた。

 陋巷日記は、そんな懐かしい光景を思い出させる個展である。

|

« 日本橋に坂道はあったのか? | トップページ | 35ミリ二眼レフ登場「大人の科学Vol.25」 »

コメント

じんた堂さん、おいでいただいた上に素敵な記事をありがとうございました。
そういえばお話しようと思って忘れてしまいましたが、南千住のアパートは見てきましたよ。とても好かったです。来年はアパートを沢山描く予定ですので、多分登場するかと。。。

投稿: neon | 2009/11/10 19:50

Neonさん、こんばんは。
定規を使っていないとのことですが、直線のように見えて微妙に曲がっている建物の輪郭線が、とても素敵ですね。もちろん陰影に富んだ色合いも良いですが。
今後もよろしくお願いします。

投稿: じんた堂 | 2009/11/10 20:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本橋に坂道はあったのか? | トップページ | 35ミリ二眼レフ登場「大人の科学Vol.25」 »