« 22222 | トップページ | ライトブルーのミニカー »

2010/03/01

TSUNAMI

 一部地域で冠水があったものの人の被害はなく、チリ地震による津波もようやく落ち着いたようだ。

 津波は、「TSUNAMI」として海外でもそのまま通じる。

 そのTSUNAMIの話しを、海外出張先でインド人から聞いたことがある。

 インドで子供の頃を過ごした彼は、英語の教科書でTSUNAMIという言葉を知ったそうだ。それは、”津波の来襲を村人に知らせるために、高台の畑にある刈り取った稲の束に火をつけ火事をよそおい、村人を集めて津波の被害から救った”という日本を舞台にした話しであった。

 そのときまで、日本のTSUNAMIの話しが英語の教科書になっていることを知らなかったのだが、それは小泉八雲が”A Living God”として著し、さらに子供向けに翻訳され”稲むらの火”として、戦前、日本の教科書にも載っていた話だった。

 世界に通用する日本となると、自動車や電気製品などモノばかりと注目されていると思っていたが、こういう人間にまつわる話しを聞きほっとする。

|

« 22222 | トップページ | ライトブルーのミニカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 22222 | トップページ | ライトブルーのミニカー »