« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/27

東京の東で川風に吹かれる

 このところの猛暑ですっかり体調をくずしてしまい、都の西北で行なわれたみちくさ市にも行けず、外出も隅田川の東どまりとなった。

6dsc07365 それでも日曜日は、深川フォトセッションの最終日となった深川江戸資料館通りを歩く。リニューアルオープンした深川江戸資料館に入り、江戸小唄を聴き、特別展示の江戸幕末発見伝を見学。我が家の田舎と深川に関係があったことを知り驚く(もしかして先祖も深川の町を歩いていたかもである)!

 商店街事務所隣りの空き地で、Smoke Booksさんに出会う。古いホンダ軽四の前にテントを張り、本棚を置き、シートを敷き、アート系の新刊本と古本を販売している。目の前で女の子が、雑誌のバックナンバーを購入。出店は期間限定、是非立ち寄りたいお店が登場。

 深川いっぷくで、新メニュー:アイスクリン(¥300)を食べて一息つく。子供の頃食べた、ジャリジャリした食感を予想していたら見事に裏切られる。舌触りなめらかで美味、しかも豪華。アイスクリームよりサラリとして爽やかな後味、これはおススメ。ここも現代美術館の帰り道に、必ず立ち寄らなければいけないお店である。

 自転車をレンタルし横十間川に向う。久しぶりの自転車、それもオシャレなミニベロタイプなので、どうも手足の置き場所が決まらない。坂道のない深川ではギアチェンジの必要はないのだが、ついギアをいじってしまい、そのたびにガクッと足にくる負荷の変化に面食らう。やはりオジサンには買い物カゴのついたママチャリがお似合いかもしれない。

 それでもめげずにペダルをこげば、川を渡る風の心地よさに思わず、もう一つ先の橋まで進みたくなる。深川を自転車で巡る、これはなかなか楽しめる。

| | コメント (0)

2010/07/18

キャンパスの裏山を歩く

 電車の中吊り広告といえば、大げさな見出しの週刊誌が定番だが、網棚上のスペースは少し落ち着いて企業広告(なぜかこの頃は司法書士事務所が目立つ)やイベント案内などが並ぶのがつねである。ここ数週間、その網棚上スペースに変化がおきている。

6dsc07216b 夏休みを前にして、大学オープンキャンパスの案内が増えているのだ。

 昨日は、八王子にある東京造形大学のオープンキャンパス。ここで講師をしているJEDIメンバーに先導されて、オープンキャンパス+アースダイビングに参加。

 横浜線八王子みなみ野駅(造形大の最寄り駅相原の隣り)に集合したメンバー一同は、まずは宇津貫毘沙門天・熊野神社にたちより東京造形大学を目指すことに。

 横浜線車内から見かける八王子みなみ野駅付近は、真新しい建物がたちならぶ新興住宅地のようで大きな起伏あるようにみえないが、いざ歩いてみると小さな川に面して谷戸がいくつも並び複雑な地形であることに気づく。造形大キャンパスもそのような地形に囲まれて建てられており、山のなかに校舎が点在している。オープンキャンパスでにぎわうなか、建築家「白井晟一(しらいせいいち)の造形」展を見学、学生に混じって学食で昼食。

 大学を出発しキャンパスの裏山に入れば、いきなり急な上り坂。遠くにヤブウグイスとセミの声を聴きながら坂道を歩く。ヤブこぎをし、尾根を歩き、坂を上がり、谷を下り、崖に立ち下界眺め、峠で休み、気分はすっかり山歩き。

 しかし、ここはたんなる裏山のハイキングコースではない。じつは、この地域は分水嶺となっており、縄文時代は集落がおかれ、平安時代は登り窯が点在し、さらにいまも鎌倉古道(その道幅は馬一頭が通れるような)が残る地である。関七州を見わたせたという七国山という名もあり、湯殿山・羽黒山の名が刻まれた石碑もありと、歴史に富んだ地のようだ。

 都心の賑わいの中にいると、銀座や日本橋が古い東京の中心のように思ってしまうが、どちらも江戸時代の埋立地。現代でたとえれば、お台場のようなもので、歴史の古さでは府中や国分寺など多摩地区にとても及ばないことを実感する。

 いつもの街中主体のアースダイビングと違って、今回は一味も二味もちがうイベントとなった。さて、つぎは・・・。

関連エントリー:

MADCONNECTION:梅雨明けの...
aki`s STOCKING: JEDI@多摩の横山

| | コメント (2)

2010/07/17

夏休み

 汗をかきかき都内を移動すれば・・・、

6dsc07133 行く先々で、”明日から三連休ですが、どこか行くんですか?”との質問をあびる。

 いつもよりラフな格好をしていたせいかもしれないが、皆さん夏休みの質問ばかり。”まだ何も考えてませんが、そちらはどうしますか?”と逆に質問すれば、皆さん予定をスラスラと。

 皆さん、すっかり夏休みの計画を立てているのだ!

 それにしてもこの暑さは体にこたえる。湿度が高いので、暑さが体にまつわりつくような感じがする。はやく梅雨が明けないかと願いながら道を歩けば、ビルの向こうに白く輝く夏の雲がモクモク。東京の空は真夏になりはじめている。

| | コメント (0)

2010/07/13

曇りのち晴れときどき雨の古本市

 深川での古本市も無事終了、今回も様々な人・本との出会いがありました。
 
6dsc07060_2 まずはユニークな店主さん達を紹介。

 移動古書店をされていたSmoke Booksは、千葉県下総中山に新店舗:見世蔵を開店されました。千葉方面の方は注目の古書店が登場です。

 甘夏書店は、向島鳩の街で「ふるほん日和」を企画・運営されているだけあって、コンパクトながら上質な箱を出品。次回「ふるほん日和」は、10月30日開催予定だそうです。

 地元の古書愛好家であるドリームブックスは、メルヘン調の値札スリップを本に挟んでいました。なんと全て子供さんの自作ということですが、そのデザイン・完成度は我々大人をしのぐ素晴らしさ、値札スリップだけに使うのは惜しいほど。将来が楽しみなファミリーです。

 POP広告・本カバーが素晴らしかった「しまぶっく」さんは、元大手書店勤務。そのキッチリした仕事に、関係者一同大絶賛。ただいま新規開店準備中だそうで、これは要注目のお店です。

 地元在住の詩人の方が出店されたf451は、詩集に加えて70年代サブカルチャー代表作家である植草甚一の本を並べていました。辻征夫の詩集もありましたが、やはり売れていました。

 元プロカメラマンの「めだか屋」は、雑誌バックナンバー、ムックや文庫を均一で出品されていました。珍しいところでは、ちょっと古いビデオカメラを出品していました。

 そのほか東京セドリーヌ、AkiBooks、旅猫など常連のお店が、それぞれ格安の本や雑貨を販売しました。

 ところで毎回感心するのですが、十数箱ある箱のそれぞれが異なる表情を持っていました。本棚を見れば、その人の好みが分かると言われますが、それは一箱という限られた小さな世界でも同じようで、十人十色、十箱十色のようです。

 最後に、天気が目まぐるしく変わるなか来店して頂いた皆さん、運営を担当された深川いっぷくスタッフの皆さん・リコシェさん、地元の皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2010/07/09

こどものいた街

 古本市が開催されている深川いっぷくのギャラリーで、黒岩比佐子『音のない記憶 ろうあの写真家 井上孝治』が開催されている。

6dsc07009 井上孝治については、ノンフィクションライター黒岩比佐子の「音のない記憶」にまとめらえているが、彼は九州在住の写真家であった。

 写真集「思いでの街」「こどものいた街」の中に記録されている昭和20-30年代の街は、道路はホコリっぽく、クルマは小さく、道行く人の服装も粗末である。しかし、大人も子供も笑顔があふれ、やりばないのない暗さなどとは全く無縁の明るさがある。

 時代や撮影対象から、木村伊兵衛との共通性を見出せるかもしれないが、井上孝治の日常風景の表現は、どこかイタリアシネマに似た飾り気はないが心にぐっとせまる感動を与える。その写真は国際的にも評価されており、フランス・アルル市主催の世界写真展で1993年度世界の写真家として表彰されている。

 黒岩比佐子『音のない記憶 ろうあの写真家 井上孝治』は、7月11日まで開催予定。

| | コメント (2)

2010/07/03

深川いっぷくしてから

 7月9日(金)ー11日(日)に予定されている「深川いっぷくいっぱこ古本市」に立ち寄ったあと、もう少し足をのばしたくなったら・・・。

6dsc06959 先ずは、深川いっぷくで「かわら版深川福々」を入手し、深川界隈マップを開いてみよう。清澄白河・森下・門前仲町に点在するギャラリー、カフェやランドマークとなる施設が掲載されている。マップに載っている範囲であれば、ほとんどの場所は歩いて行けるので、これは深川散歩に必携。

 ここでマップにはまだ掲載されてない深川散歩上級ワザを紹介しよう。

 清澄庭園、現代美術館、深川図書館、深川江戸資料館(リニューアル中)、ヨーガンレール本社ババグーリー(深川図書館の向い)、深川不動、富岡八幡宮などは良く知られているが、穴場なのが、どれも名前を上げれば、あーあのお店となるスイーツが深川で購入できる。

 たとえば、海辺橋そばに京橋千疋屋、清洲橋そばにアンテノールがある。いずれも製造工場に併設されたキレイなお店でケーキが購入できる。さらに、工場は小さいが某有名ホテルに納めているケーキを、直接販売をしているところが資料館通り近くにある。

 もっと足をのばして深川以外の下町雰囲気も楽しみたい人には、隅田川を渡ってTVドラマ新参者で話題になった人形町というコースがおススメ。コースは全行程約2キロ・徒歩約30分だが、途中に見所が多くあるので余裕をもって1時間ぐらい予定してほしい。

 清澄白河の交差点から清洲橋通りに沿って隅田川を目指して進むと、一本左側の通りに清澄庭園。清洲橋を渡るとき上流方向(右側)に目を向ければスカイツリーと芭蕉記念公園・万年橋、さらに進み浜町中ノ橋交差点で左折すれば人形町の入り口である水天宮に到着する。もちろん地下鉄半蔵門線なら一駅だが、足に自信のない方は、清澄白河から秋葉原行きのバス秋26に乗り水天宮前で下車すれば、このコースを全てバスで楽しむことができる。

 写真は清澄庭園のアジサイ。

| | コメント (0)

2010/07/01

元八幡で富士を仰ぐ

 中高年の登山ブームは衰えることがなく、最近は若い女性にも拡がっているらしい。 

6dsc06901 今日、7月1日は山開き、富士登山の解禁日。新聞報道では、今年は約50人がご来光を拝んだそうだ。

 富士山は古くから信仰の山だが、昔も今も簡単に登れる山ではない。江戸時代、それでも富士山にお参りしたい人のために、便利なものが江戸市中各地に作られた。ミニチュア富士山である富士塚である。その多くは取り壊されてしまったが、いまなお幾つかが都内各地に残されている。

 今日、立ち寄ったのは砂町にある富賀岡八幡宮。

 ここは元八幡と呼ばれ、かつて富岡八幡宮が最初に置かれたと言われる地で、本殿うしろに富士塚がある。江東区設置の解説板によれば、砂町の富士塚は、天保4年(1833年)頃に出来ていたそうだが、現在のものは昭和37年(1962年)に移築されたとある。写真で分かるように、その形は富士山を模していて、山肌のところどころに溶岩のような石が見え隠れし、にいかにも火山という印象がする。

 ところで、昭和初期の元八幡の様子を描いた随筆がある。

 「荷風随筆集」(野口富士男編、岩波文庫)に掲載されている永井荷風の「元はちまん」は、冬のある日、木場から元八幡へ向ったときの話しである。場末というより、まだ家もまばらな辺鄙な地であった頃の元八幡へ至る様子が詳しく描かれている。

 元八幡へのアクセスは、亀戸-東陽町を結ぶ都バス亀21に乗り、「元八幡」停留所で下車1分。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »