« 清澄白河の新しい風「しまぶっく」 | トップページ | 彼岸花@清澄庭園 »

2010/09/26

粋な縞模様の街

 晴天、東向島鳩の街へ向う。

5dsc00845 10月30日開催予定の「ふるほん日和」の精鋭部隊が、向島アート展にプレオープン参加、その見学と散策をかねての東向島行きである。

 押上駅で下車すれば、いつもながらスカイツリーにレンズを向ける人の列。ほとんどの人がケータイだが、コンパクトデジカメや一眼レフを持つ人も。ここは、東京、いや日本で一番カメラ密度が高い地だろう。

 それにしても、スカイツリーの成長は速い!

 前回、押上で下車したのは桜の咲く頃、スカイツリーはまだ大きな煙突のようだったが、いまは高さを増し展望台もできてタワーらしくなってきた。鳩の街にも、真新しい空き地ができたり、以前、空き地だった所に新築の家が建ったりと。わずか6ヶ月なのに、変化はあちこちに。

 何か古いものはないかと探して見つけたのが、写真の波板トタン塀。いつもこのブログを見ている方は気づいたかもしれないが、以前、マレーシアペナンの路地裏風景を紹介した。そこにあった板塀と今回のものを比較すると、ペナンの自由奔放さに対して東向島のものは粋な縞模様のような端正な美しさを感じる。さて、あなたはどちらが好みだろうか・・・。

|

« 清澄白河の新しい風「しまぶっく」 | トップページ | 彼岸花@清澄庭園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清澄白河の新しい風「しまぶっく」 | トップページ | 彼岸花@清澄庭園 »