« 図解いろは引標準紋帖 | トップページ | それぞれの東京 »

2011/01/23

古本福袋

 先日、東京の国立市で開催された「くにたちコショコショ市」で、小田原町の師匠から袋を頂いた。

5dsc02034 しばらく前に銀座百点選集にあった「鬚を剃った魚の話」伊丹一三の話を「昔の名前で」としてブログに書いたら、”銀座百点の12月号(池部良の遺稿掲載号)を譲りましょうか”との話があり、それを持ってきてくれたのだ。

 袋を開けたら、銀座百点12月号に加えて昨年の半期分と2011年最新号、さらに中央区エリアガイドや銀座15番街などがつぎつぎと。まさに古本福袋、今年は春から良いことが起きそうな予感。

 くにたちコショコショ市では、しばらく前から気になっていた「いまむかし東京逍遥」(小沢信男、晶文社)をドンベーブックで購入。じつは、この本の第一章は「佐田稲子の東京地図」、先日、三省堂店頭オンデマンドで購入した「私の東京地図」(佐田稲子)をとりあげているのだ。小沢信男は、佐田稲子を取り囲む人間関係と戦前の社会状況を読み解いている。これは「私の東京地図」(佐田稲子)を読む人におススメというか必読かもしれない。

 くにたちコショコショ市のあと、本関係のイベントで知る某カフェの方と少し遅いランチをし国立を歩く。多摩蘭坂から一橋大学外周を回って大学通りへ、ちょうどセンター試験の日とあって大学関係者が皆構内にいるのか、いつもより人通りが少なく静か。大通りに面する大学の垣根にそって猫がのんびり歩いていたほど。冬空だが風もなく穏やかな国立のひとときは、二つ目のうれしい福袋となった。

|

« 図解いろは引標準紋帖 | トップページ | それぞれの東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 図解いろは引標準紋帖 | トップページ | それぞれの東京 »