« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

今年も谷根千一箱古本市に出店します

 東日本大震災から1ヶ月、今日から通常モードでブログを書こうと思っていますが、ちょっと強めの余震といまだ先が見えない原発の状況を思えばためらいの気持ちも・・・。

5dsc02962 それでもくじけず前進、先ずは春の谷根千一箱古本市のお知らせです。

 第12回谷根千一箱古本市は、4月30日(土)、5月3日(火・祝日)の二日間開催されます。

 市川糂汰堂(いちかわじんた堂)は、4月30日(土)に千駄木の往来堂書店前に出店します。今年の品揃えは、一箱古本市申し込み時は珍しい東京本を予定していましたが、少し見直して楽しめる東京本をコンパクトに並べようと考えています。もちろん東京上級者向けには、恒例となった之潮(コレジオ)社の最新刊も出品予定です。

 一箱古本市・不忍ブックストリートWeek(4月23日(土)~5月8日(日))については「不忍ブックストリート」をご参照下さい。

 往来堂書店へのアクセスは下記マップをご参照下さい。

 4月30日の様子

 いつもなら谷根千へは地下鉄根津駅または千駄木駅を利用するのですが、4月30日のじんた堂は、日暮里駅から裏通りを歩いて往来堂へ。節電で地元地下鉄駅のエスカレータが停止しているので、あえて地上ルートを選びました。往来堂前で店長さんと一箱助っ人さんにお会いし出店準備。一箱の出店は三箱ですが、義捐箱も加えて合計四箱が往来堂正面右側のスペースに並び開店。

 天気予報では暑くなると言っていましたがそれほど気温は上がらず、人出も少ないような。開店早々は本を手にとるなりいきなり値札スリップをチエックする人が一人二人と続きましたが(プロの方々でしょうか)、その後は一箱を楽しみにきたお客さんや谷根千歩きを楽しんでいる方々が立ち寄るように。じんた堂イチオシの東京本と川の地図事典はそれぞれ東京本好きのお客さんの手へ、またお客さんから東京の資料を頂いたりと楽しい1日になりました。今年の隠し目玉本であるジャズの歴史(油井正一、ハードカバー版)は若いカップルが購入、もちろんアルテスから復刊されていることも伝えましたが、オリジナル版を読みたいとのことでした。結局、この日は45冊持っていき36冊が売れました。

 5月3日の様子

 5月3日は完全にお客さんモードで谷根千へ向かいました。天気予報では夕方遅くから雨とのことでしたが、古書信天翁前に着いたとたんに雨が降りはじめ、それもいきなりドシャ降りというありさまで、あわてて店内に駆け込みました。店内は一箱の店主さんとお客さんで満員状態、見回せば甘夏さんや音の台所さんなど有名人があちこちに。ちょっと小降りになったときを狙って、リコシェさんと一緒にギャラリーKINGYOへ。ここには駄々猫さんとジャングルさんが出店。やはりお二人とも本の品揃えがユニークでなんといっても勢いがありました、表彰式で名前が上がるのもうなずけます。その後打ち上げに参加、広島、仙台、新潟、青森などの話に一箱古本市の広がりと参加者皆さんの熱い思いを実感した一日でした。
 

大きな地図で見る

| | コメント (0)

2011/04/29

2011春の一箱古本市準備完了

 一箱古本市に出品する本をリュックサックに詰めこんでみる。

5dsc02950 あーでもないこーでもないとジグソーパズルのように詰めるのだが、どうしても10冊ほどあふれてしまう。

 一箱古本市に参加したての頃は本と箱を全てカートに積んで移動していたが、最近はリュックサックに入れ担いでいる。私は、どうもカートとの相性がよくないようで、階段を上がるときはよいのだが下るときバランスをくずしやすいのだ。

 今年は節電で地元駅のエスカレータが停止しているので階段を使うしかなく無理は禁物、ということで10冊ほど間引こうとするのだが、これがなかなか難しい。たぶん明日の朝、エイヤと決めるしかないだろう。

 ところで今年そろえた本は、じんた堂が薦める東京本。ここ数年に発行された東京散歩本から、昭和30年代~50年代に出版された東京を記録した本から選りすぐりのものを出品。

 天気も良さそうなので谷根千一箱古本市へ是非お出かけ下さい。

| | コメント (0)

2011/04/25

今日の谷根千は

 「今年の谷根千は」で根津神社のツツジを載せたばかりだが、曇り空のとき撮影したその写真はいま一つスッキリしない。

5dsc02939 ということで晴天の今日、再度根津神社に向い撮りなおし。日差しと撮影場所が違うこともあるが、前回より花が増えている気がする。わずか数日でこんなに変わるとは!さて今週末はどうだろうか?

| | コメント (0)

今年の谷根千は

 都心に出かけた帰り道に根津神社へ

5dsc02889 根津神社のつつじは、写真のような咲きぐあい。少し緑が多いように見えるが、いまが見頃とのこと。もともと花を長く楽しめるように、早咲きから遅咲きまでの種類を植えているそうだ。

 例年この時期、谷根千では盛りだくさんのイベントが開催されるが、今年も以下が予定されている。

 「文京つつじまつり」は4月9日~5月5日まで

 「不忍ブックストリート week 2011 実行委員会企画・参加企画」は4月23日~5月8日まで

| | コメント (0)

2011/04/17

原節子を読む

 NHKBSで映画「めし」(成瀬巳喜男)を放映していた。

Photo 1951年に公開された映画「めし」の舞台は大阪、主演は上原謙と原節子、東京から引越してきた夫婦という設定。当時の大阪の町の様子が収録されているが、原節子が一時帰京したシーンからは舞台は東京に移り、東京のロケ風景(南武線矢向駅)も収録されている。その原節子についての本が昨年出版されている。

 「原節子あるがままに生きて」(貴田庄、朝日文庫、2010年)は、いまや伝説の女優となった原節子の生い立ちから出演した映画を軸に年代順に興味深い話題を紹介している。

 たとえば原節子はデビュー後2年まだ17歳であった1937年に完成した「新しき土」(国際版題名「サムライの娘」)は、ドイツ人監督:アーノルト・ファンクと日本人監督:伊丹万作による作品(伊丹万作は伊丹十三の父親)。この作品の宣伝を兼ねて、1937年彼女はシベリア鉄道を経由してベルリンを訪れ舞台挨拶をし、その後パリ、ニューヨーク、ハリウッドを訪れ海外の映画監督・俳優に直接会っている。

 原節子といえば小津安二郎監督映画でのイメージが強いが、このように国際的な作品にも出演し戦前に海外旅行もしていたのだ。

| | コメント (0)

2011/04/14

黒船橋から隅田川へ

 半日ポッカリと空き時間が出来たので深川門前仲町へ。

5dsc02756 門仲の交差点に着いたら、お弁当を買うサラリーマンやOLなどがあちこちに、菓子屋の伊勢屋も弁当を並べていて、いつもの昼時の光景が目の前にありほっとする。門仲のオフィスにいたとき、ここでお弁当を買って隅田川で食べたのが懐かしい。

 黒船橋から大横川に沿って歩きはじめれば、目の前には満開の桜。船着場前のベンチでは中高年グループがお弁当を広げ、反対側の小公園ではオバサン達がオシャベリ中、平日なのにまずまずの人出。大横川をさらに下ってヤマタネ倉庫を左に見ながら練兵橋へ、正面に見えるが大島川水門。川の名前は大横川なのに水門名は大島川という不思議、これも縦割り行政の結果なのだろうか。

 練兵橋(これはヤマタネ倉庫専用)の隣にある小さな歩道橋を渡り、水門横の狭い道を進むと越中島公園となる。隅田川に沿ったこの公園は、上流方向に永代橋、正面に中央大橋、下流方向に対岸の佃島が一望できる絶好のロケーションでTVロケにも使われている。コンクリートで固められたカミソリ堤防でなくなだらかなスロープがあるので、水辺から見上げると緑の堤防に桜という深川では珍しい絵が見られる。

| | コメント (0)

2011/04/10

川辺の桜

 昼すぎ投票所に向い、その帰り道にちょっと足をのばして川辺の桜を見物する。

5dsc02655_2

| | コメント (0)

2011/04/09

 桜(九段)

5dsc02605_2

| | コメント (0)

2011/04/06

ユキヤナギ満開

 満開のユキヤナギ、その花の白さに目がくらみそうになる。
 
5dsc02568

| | コメント (0)

2011/04/05

大通りの桜

 ようやく町中で桜が見られるようになりました(人形町の大通りにて)。

7dsc08728_2

| | コメント (0)

2011/04/03

スノーフレーク

 スノードロップと似ているが、こちらはスノーフレーク。

5dsc02500

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »