« 面白東京本3「アルバム東京文学散歩」 | トップページ | 6月の花「ムギナデシコ」 »

2011/05/29

面白東京本4「東京だより」

 昭和30年代の東京の姿を記録した本を探していたとき、「東京だより」(朝日新聞社、東京大学出版会、1961年(昭和36年))にであった。

 「東京だより」は、朝日新聞の日曜版に連載された記事をまとめたもの。その序に”日曜版ができてからちょうど一年目”とあるように、いまはあたりまえの日曜版だが、朝日の日曜版は昭和34年4月5日が第一号。この連載は、その1年後の昭和35年のものだ。

 執筆陣は、花森安治、戸板康二、芝木好子、曽野綾子、門田勲(朝日新聞のベテラン記者)と有名作家が起用され、それぞれの視点で東京を駆け巡り筆をとっている。

 花森安治は、水上バスを取材している。

 ”新橋のたもとに、水上バスの船着場がある。むかしの一銭蒸気が、十年ほどまえに復活して、ここから浅草の言問橋まで、隅田川を上り下りしている。もっとも、むかしとちがって、丘の方には地下鉄もあればバス電車もあるから、交通機関というよりは、遊覧バスである。まいとし今ごろになると、大川ばたの風に吹かれて涼んでこようというムード派のお客をいっぱいのせて出入りしていた。それが久しぶりに行ってみると、なくなっているのだ。五百メートルばかり川下にひっこしたのである”とある。

 この新橋は、いまも交差点名で残る土橋・難波橋と蓬莱橋の間にあった汐留川にかかっていた橋。ちょうど汐留川が埋め立てられ上が高速道路となり、新橋にあった水上バスの船着場がなくなり築地へ移転した当時のことだ。花森は、さらに水上バスで隅田川を上り、”安物のインキを流したような、紫とも紺ともつかない色。染物工場のどぶに流れている色にも似ている”と当時の隅田川の様子を述べている。

 女性作家だから主婦向けの話題とは限らず、執筆陣の中でまだ若手だった曽野綾子は、なかなかハードな現場に向っている。

 たとえば下水道の取材では、”私の体はゴムの胸まである長ぐつで、どっぽりと重く、外側からみたら、まるで出来損そこないの火星人みたいに見えるだろう”と、神田淡路町付近の下水道に入り込むのだ。

 副題に「美女と液体人間」とあるが、”まるで地下鉄の中のように広く美しい”映画セット(美女と液体人間は1958年公開の映画)にたいして、”現実の下水道というものは、まことに劇的というよりも、人間的に愛すべきものであり、その日その時、神田淡路町、小川町あるいはもっと遠くの地域で排せつないし廃棄されたあらゆる水分は、みんな私のまわりをゆるやかに、ひそやかに流れているのである”と、暗い下水道の光景を文学作品風にレポートしている。
 
 「東京だより」は、そのいかにもどこにでもありそうなタイトルで本棚にあっても進んで手を伸ばす気にならないかもしれないが、いざ開いてみると、昭和30年代の東京がどのような姿だったか、東京オリンピックを前にして東京がどのように変わったかを語る本である。

|

« 面白東京本3「アルバム東京文学散歩」 | トップページ | 6月の花「ムギナデシコ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 面白東京本3「アルバム東京文学散歩」 | トップページ | 6月の花「ムギナデシコ」 »