« 「明治大正スクラッチノイズ」を読む | トップページ | ハロウィン・プリン »

2011/10/23

弾丸日帰り古本旅行第7弾(塩竈ブックエイド古本バザー&一箱古本市)

 週末の土曜日、全国でブックイベントが開催された。秋田美郷古本市、宮城塩竈ブックエイド、長野小布施まちとしょテラソ、東京向島ふるほん日和、広島宮島ブックトレイルなどなど秋田から広島まで並ぶ。東京から鉄道日帰りとなれば塩竈か小布施のどちらかだが、小布施は以前行ったことがあるので、今回は塩竈を選び東京駅に向う。

 前日から雨が予報されていたので旅行客は少ないだろうと予想していたら、これが大はずれ。東京駅の東日本方面の新幹線改札口は、旅行客であふれていた。じつは上越新幹線で車両故障があり、時刻はすでに11時を回っているのに電光掲示にはまだ9時台の上信越新幹線の列車名がずらりと並び、そこにほぼ定刻で運行している東北新幹線が混ざり、それらを確認したり駅員に列車変更を問い合わせる人が集まっていたのだ。さいわい東北新幹線への影響はわずかで、空席がところどころに見える「やまびこ」に無事乗車し、そのまま仙台へ。

5dsc04752 仙台から塩釜は、東北本線で15分。乗客は、ぐっと少なく1車両に5~6人程度。塩釜駅で下車すれば、薄暗い空から雨粒が体にまとわりつくように降り、ここで演歌が聞こえてくればいかにも北の町へ来た気分となるのだが、駅から見える会場(エスプ塩竈)は、ご覧のような現代的なビル。会場へのアクセスは良くて、まさしく駅から1分。

 館内に入り二階に上がれば、休憩スペース前で、いきなりナンダロウさん、ドンベーさんの姿。やはり地方での一箱古本市となれば、このお二人を抜きでは始まらない。お二人から会場の様子や雰囲気を聞く。晴れていれば建物外側のテラス状の部分に箱が並ぶ予定だったが、あいにくの雨のため館内開催。一箱出店場所は、イスのある二階休憩スペースと三階奥の通路に分かれているなどなど。

 三階に上がると脳天松屋さん、古本Tさんと、これまた東京で大活躍されている方々が、地元の人たちと一緒に出店されていた。地元の方の箱は、純文学に加えて絵本・実用書・コミック・雑誌・学習参考書などの本が並び、出店者もお客さんも子供連れの若い世代の人が多い。一箱本送り隊の本も並んでいて、お客さんが取り囲んでいて人気が高い。”これ読みたかったのよ”と小説本を手にするオバサン、オシャレ系の雑誌をじっくりみる女子、そして漫画本をごっそり手にしてハシャグ子供など、じんた堂も「東京旅行」(les deux版)、「丸森さんちの手作り家具帖」など5冊を購入。

|

« 「明治大正スクラッチノイズ」を読む | トップページ | ハロウィン・プリン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「明治大正スクラッチノイズ」を読む | トップページ | ハロウィン・プリン »