« ビル街の空 | トップページ | ベデカを手に旅を想う »

2012/01/29

東京銀座観察2012年1月27日

 汐留ミュージアムで「今和次郎 採集講義展」を見学したあと、銀座8丁目から4丁目まで歩いた。

5dsc05413
 外国人観光客と観光バスの列を、大通りのいたるところで見かける。中国春節休み期間中(1月22日~28日)とあって、あちらこちらから中国語が聞こえる。

 さて、いま何人ぐらいの外国人観光客が銀座にいるのだろうか、少し観察してみよう。

 外国人観光客を運んできた観光バスは、銀座4丁目から8丁目までの大通りのデパート側(通りの東側)のみに停車、その数は11台。さらに観察中に観光バスが4台通過したので、この地域に集まっていたバスの合計は15台、その内訳は中型3台、大型12台である。

 バスの定員は29名(中型)から50名(大型)ぐらいだが、実際の乗車人数は、ゆったりと50%ぐらいなので、乗車人員は、中型バスは15名、大型は25名としよう。したがってバスで銀座にきている観光客の合計は、15X3+25X12=345名となる。これは午後3時00分から3時15分の15分間の観察、観光バスで来た人だけを勘定している。

 このほかに少数だが電車・地下鉄で銀座にくる外国人観光客もいるだろうが、それを除くと、1月27日金曜午後3時、350名程度の外国人観光客が観光バスで銀座を訪れていたと言えるだろう。

|

« ビル街の空 | トップページ | ベデカを手に旅を想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビル街の空 | トップページ | ベデカを手に旅を想う »