« 駿河台から神保町へ | トップページ | 消えた書店・神保町 »

2012/02/12

消えた書店・日比谷

 先日、古書モールで購入した「東京の小さな喫茶店」(常盤新平)は、日比谷にあった喫茶店「しぶさわ」の話で始まる。

7dsc05589

 この本を読み「しぶさわ」に興味をもち訪れようとしても、残念ながらそれは出来ない。「しぶさわ」が入っていた日比谷三信ビルは、すでに無いのだ。1929年(昭和4年)に建築された三信ビルは、天井から床まで細かな装飾がほどかされた美しいビルだったが、2007年(平成19年)惜しまれながら解体された。

 ここに三信ビル地下の写真がある。撮影は2006年6月26日、すでに多くのテナントが店を閉じており「しぶさわ」もその中の一つだったようだ。このとき地下で営業していたのは、三信書店と薬局だけだった。1階の「ニューワールドサービス」も素敵な店だったが、三信書店もユニークな本屋であった。

 オフィスビル内の書店というと経済関係の本が並んでいるイメージがあるが、三信書店の店頭は芸能関係の雑誌があふれていた。それも他所では見かけない宝塚関係の雑誌・ポスターやタレント本が、一番目立つ場所に並んでいた。宝塚劇場に近いこともあるが、三信ビルに渡辺プロの事務所があったことがあり、それが影響していたのかもしれない。

|

« 駿河台から神保町へ | トップページ | 消えた書店・神保町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駿河台から神保町へ | トップページ | 消えた書店・神保町 »