« 消えた書店・日比谷 | トップページ | シャネルデビュー »

2012/02/19

消えた書店・神保町

 古くからの店が建ち並ぶ神保町だが、その移り変わりは意外と激しく、しばらくぶりに訪れると戸惑うことがある。

7dsc05744

 2004年12月15日撮影の写真と現在を見比べてみると、いまも変わらないのはメガネの三鈴堂だけ、右側の巌松堂ビルにあった巌松堂は、看板はそのままだが澤口書店になり。伊勢半資料館は、本と街の案内所へ。奥野書店と隣の店は、取り壊されてビルになり現在はAuショップになっている。

7dsc01525

 何気なく町の様子を撮った1枚だが、ここに写っているだけでも奥野書店と巌松堂と2軒の古書店が消えた。これにより4軒長屋状態(最初は11軒長屋)だった丸窓のある建物は、2012年2月現在、2軒長屋となっている。さてこの景色は、いつまでこのままでいるだろうか・・・。

|

« 消えた書店・日比谷 | トップページ | シャネルデビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えた書店・日比谷 | トップページ | シャネルデビュー »