« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012/05/27

多摩を行く

 週末、武蔵野を流れる玉川上水沿いを上流に向けて歩いた。

3dsc09336_8

 久しぶりのJEDIのイベントは、モノレールあり電車あり、徒歩あり、さらに酒造会社の見学まであるバラエティあふれるコース。資料作成と当日のナビは、いつものiGaさん。

 玉川上水沿いを歩き羽村堰につけば、多摩川は水かさが低く流れも細くみえた。しかし、取水口から上水の流れをみれば、ご覧のような勢い。白く渦巻く水とそれを取り囲む緑のおりなす様子はまさに渓谷である。この水が、武蔵野台地を流れ江戸城まで達していたのだ。

 じつは先週歩いた小名木川流域と上水の水は、わずかであるが関係がある。玉川上水も神田上水の水も届かなかった江戸時代の深川は、良質の水が少ない地域であった。そこに登場したのが、水売り。四谷大木戸から江戸市中に入った上水の一部を汲み、それを深川地域で売る商売である。その水を運ぶ専用の船が水船。水船は、取水を行徳方面にかえて明治になっても深川で商売をしていたそうだ。

 玉川上水の話にもどると、その規模と技術に感動する。自然の高低差だけをたよりに多摩川から武蔵野台地をとおり四谷大木戸まで流れるルートを調べ、そこに水路を開削した先人達の知恵はどのようにして生まれたのだろうかと・・・。

| | コメント (4)

2012/05/20

小名木川を歩く終了

 フィールドワーク「小名木川を歩く」は、天気に恵まれ無事終了。

5dsc09278

 写真は、当日立ち寄った旧小松川閘門跡。荒川放水路(現荒川)を開削したとき中川・小名木川との間に水位差を生じたため、船の航路を確保するために昭和5年に設けられた。いま見えるのは上部1/3程度、残りは地中に埋まっている。

 この閘門が完成した頃の小名木川の風景が、永井荷風の作品「放水路」の中で述べられている。

 ”わたくしは小名木川の堀割が中川らしい河の流れに合するのを知ったが、それと共に、対岸には高い堤防が立っていて、城塞のような石造の水門が築かれ、その扉はいかにも堅固な鉄板を以って造られ、太い鎖の垂れ下っているのを見た。乗合の汽船と、荷船や釣舟は皆この水門をくぐって堤の外に出て行く”とある。

 この永井荷風の「放水路」は、青空文庫で読むことができる。

| | コメント (6)

2012/05/13

ゴールは萬年橋と清洲橋

 5月19日に予定しているフィールドワーク「小名木川を歩く」のゴールは萬年橋、そこから2~3数分で隅田川に架かる清洲橋となる。

5dsc00750

5dsc00729

 どちらも関東大震災復興期に架けられ、しかも姿が美しいことで知られる。清洲橋は昭和3年、萬年橋は昭和5年に完成。

 永井荷風の作品「深川の散歩」は、清洲橋を渡るシーンからはじまる。文末に甲戌(こうじゅつ)十一月とあるから昭和9年(1934年)に書かれたのだろう、当時の清洲橋から見えた隅田川沿いの風景、萬年橋とその奥に広がる深川の町の様子が詳しく述べらている。
 
 この永井荷風の「深川の散歩」は青空文庫、岩波文庫「荷風随筆集上」で読むことができる。

| | コメント (0)

2012/05/06

クローバー橋

 小名木川クローバー橋は、小名木川と横十間川が十文字に交差するところに架かっている。Google Mapの航空写真でみると、その形は十字というよりXのように見える。

Photo

 自然の河川では同一水面で十字交差はまずないだろうが、人工の運河が縦横に走る東京の東ではいくつか見かける。たとえば小名木川と大横川も、扇橋付近で十文字に交差しているが、橋も十字となるのはこのクローバー橋だけのようだ。

 5月19日に予定されているフィールドワーク「小名木川を歩く」では、このクローバー橋にも立ち寄る予定。

| | コメント (0)

2012/05/01

砂町銀座は・・・

 5月19日第5回深川橋巡りは、東京写真・研究準備室とのコラボで「小名木川を歩く」。その準備のために古い地図と現代の地図を見比べながらコースを検討していたら、下町の元気商店街砂町銀座は・・・・。

 まずは現代の地図で砂町付近を開き、砂町銀座を追ってみよう。地図の上では細い線でしか表示されないので、黄色の太線を路地に沿って引いてみた。中川岸辺から丸八通り、明治通りを横切り、突き当りをちょっと下に向うと斜めに走る清洲橋通りにぶつかる、これが砂町銀座を通る道である。

Google

 つぎに享和3年(1803年)の分間江戸大絵図で砂村付近をみると、中川から西へ斜めに通る路地を追うと、三角形の土地に突き当たり少し下がると川にぶつかる。川の名前は記載されていないが、これは流れの様子からみて境川。じつは清洲橋通りは、旧境川の流れに沿って造られた震災復興道路であると言われている。これらの位置関係をみれば、現代の砂町銀座は江戸時代からあった古い道そのものと言ってよいだろう。意外のところに、江戸の世界がいまも生きているのだ。ということで5月19日の「小名木川を歩く」は、この砂町銀座に寄り道する予定。

Photo

| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »