« 小名木川を歩く終了 | トップページ | 石田波郷「江東歳時記」 »

2012/05/27

多摩を行く

 週末、武蔵野を流れる玉川上水沿いを上流に向けて歩いた。

3dsc09336_8

 久しぶりのJEDIのイベントは、モノレールあり電車あり、徒歩あり、さらに酒造会社の見学まであるバラエティあふれるコース。資料作成と当日のナビは、いつものiGaさん。

 玉川上水沿いを歩き羽村堰につけば、多摩川は水かさが低く流れも細くみえた。しかし、取水口から上水の流れをみれば、ご覧のような勢い。白く渦巻く水とそれを取り囲む緑のおりなす様子はまさに渓谷である。この水が、武蔵野台地を流れ江戸城まで達していたのだ。

 じつは先週歩いた小名木川流域と上水の水は、わずかであるが関係がある。玉川上水も神田上水の水も届かなかった江戸時代の深川は、良質の水が少ない地域であった。そこに登場したのが、水売り。四谷大木戸から江戸市中に入った上水の一部を汲み、それを深川地域で売る商売である。その水を運ぶ専用の船が水船。水船は、取水を行徳方面にかえて明治になっても深川で商売をしていたそうだ。

 玉川上水の話にもどると、その規模と技術に感動する。自然の高低差だけをたよりに多摩川から武蔵野台地をとおり四谷大木戸まで流れるルートを調べ、そこに水路を開削した先人達の知恵はどのようにして生まれたのだろうかと・・・。

|

« 小名木川を歩く終了 | トップページ | 石田波郷「江東歳時記」 »

コメント

やはり、羽村が取水堰には最適な場所だったのでしょうね。ここで大量に取水しても下流で秋川、浅川とそれなりの規模の支流がありますから多摩川の水も涸れることもなく済んだのでしょうね。

投稿: iGa | 2012/05/28 10:06

先日は有難う御座いました
リンクさせてもらっても良いでしょうか?

投稿: shin | 2012/05/28 13:37

iGaさん、いつも詳細資料を作成して頂きありがとうございます。
下町であれば、多少の高低差があっても開削して運河を造ることは簡単かもしれませんが。上水となると、平面だけでなく高低含めてのコース設定となり難易度がぐっと高くなりそうですね。

投稿: じんた堂 | 2012/05/28 20:23

shinさん、こちらこそありがとうございました。
リンクの件、了解しました。またお会いする機会がありましたら、よろしくお願いします。

投稿: じんた堂 | 2012/05/28 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小名木川を歩く終了 | トップページ | 石田波郷「江東歳時記」 »