« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/06/17

「芝居名所一幕見」戸板康二

 はっきりした理由もないのに食べることを避けていたものを、たまたま口にしたらその美味しさに驚き、いままで食べなかったことを後悔するときがある。いわゆる食わず嫌いだろうか・・・。

Photo

 「芝居名所一幕見・舞台の上の東京」(戸板康二、白水社、1953年・昭和28年)は、その題名から演劇関係の本だろうと思い、古書店の棚でみかけても手にすることはなかった。たまたま怪談話の舞台となった場所を確認することがあり、この本のことを思いつき手にして開いたらその内容にビックリした。劇場で演じられた舞台だけでなく、その舞台となる地をおとずれ、当時のようすを写真と文章で記録している。もともと歌舞伎ファンにむけてかかれた本のようだが、発行から約60年をすぎたいまは、歌舞伎だけでなくちょっと昔の東京を語る貴重な本になっている。

2

 たとえば江戸歌舞伎の「与話情浮名横櫛」(よわなさけうきなのよこぐし)、いわゆる「切られ與三郎」のお富が住んでいた「源治店」は、人形町にあった玄冶店付近である。その玄冶店の1953年(昭和28年)の姿が、この本に収録されている。

 玄冶店は、大通りにパチンコ屋の看板がみえ、メルシーの看板をかかげた喫茶店などが並び、子供達が遊ぶ路地だった。いまはビル街となり歩道ぞいの小さな案内碑でそれと知る横丁は、かつては板塀がならび塀越しに木々の枝が伸びる路地だったことがしっかり記録されているのだ。

 このように「芝居名所一幕見」は演劇本だが、懐かしの昭和東京風景を記録した本としても楽しめる一冊である。

| | コメント (4)

2012/06/03

石田波郷「江東歳時記」

 スカイツリー開業日となった5月22日、NHKBSプレミアで俳人石田波郷が写真に記録した風景を再び訪れる番組が放映された。タイトルは「スカイツリー「三丁目の夕日」を探して~写真でたどる東京下町~」とやたら長いが、モデルの押切もえさんが、写真を収めたiPadを片手に、昭和30年代に撮影された地を訪れ、いまもその地に暮らす人々を訪れる番組。

 じつは先日開催した「小名木川を歩く」で、江東区砂町文化センターにある石田波郷記念館を見学した際、江東歳時記に興味をもたれた方がいたので、あらためて紹介しよう。

Photo

 「江東歳時記」は、昭和32年から33年まで読売新聞江東版に連載、東京の東にある江東区・墨田区・葛飾区・足立区・江戸川区の風景を、俳句・文章と写真で記録している。昭和41年に箱入単行本(上の写真の右)、ソフトカバー版が東京美術選書6(上の写真の左)として東京美術から出版されている。

2

 歳時記という名から、俳句集のように思われがちだが、見開き右ページに写真と俳句、左ページに文章という構成は、東京写真エッセイととらえたほうがよいような。

 上のページは西新井橋近くのお化け煙突と貸しヨットの風景。本文にある「都会の人はこんなところまで来ないからだめですよ、ヨットに乗るんだってここで練習して結局は逗子、鎌倉へ行っちまうんだから」と、ボート屋のお姉さんの話は、その当時の様子を語って興味深い。じつは昭和31年に「太陽の季節」「狂った果実」など湘南を舞台にした映画が公開されており、ヨットが登場していた。これら映画で生まれた流行が東京の東の水辺にもおよび、このような風景を生んだのではないだろうかと思いはめぐる。

 江東歳時記は、このように昭和30年代の東京の東の風景を記録し語る本である。

 なおNHKBSプレミア「スカイツリー「三丁目の夕日」を探して~写真でたどる東京下町~」は、6月2日から15分番組として再放送が予定されている。

| | コメント (9)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年8月 »