« 第6回深川橋めぐりのお知らせ | トップページ | 第6回橋めぐり終わりました »

2013/03/10

小さな橋の灯り

 深川内部の運河にかかる小さな橋は、ほとんどが鉄骨を三角形に組み合わせたトラス構造で、どれも同じような形をしている。そのため外形だけを見て、どの橋か言い当てることは難しい。まして周囲が暗くなる夜は、さぞかし判別しにくいと思ったら、じつはそうでもない。

 たとえば夜の亀久橋は、

Dsc00153d

 そして夜の崎川橋は、

Dsc00174d

 橋の照明をみると、亀久橋はステンドグラス風のもの、崎川橋は小屋のようなものと、橋ごとにそれぞれ特徴のあるデザインになっているのだ。永代橋や清洲橋のような大規模なライトアップもよいが、このような小さな灯りに出会うとうれしくなる。これも橋めぐりの楽しみだろう。

 3月17日に予定している第6回橋めぐりでは、これらの橋を歩きます。開催・募集案内はこちらです

|

« 第6回深川橋めぐりのお知らせ | トップページ | 第6回橋めぐり終わりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第6回深川橋めぐりのお知らせ | トップページ | 第6回橋めぐり終わりました »