« ヒヨドリの戸惑い | トップページ | 007再び »

2013/12/15

ほうき星

 駿河台の坂道、強い風にあおられ体が前へ横へもっていかれそうになる。たしかに天気予報では風が強いと言っていたが、まさかこんなになるとは聞いてないぞと叫びたくなる。

Dsc09829d

 風にのって落ち葉が歩道の上をビュンビュン飛んでいく、車道を横切りクルマにぶつかる寸前空に舞い上がるものもある。掃き集めようにも、こう風が強くてはすぐ飛び散るだろうと思いながら角をまがったら、街路樹の根元にこの光景が出現。

 街路樹を核にして、まるで「ほうき星(彗星)」のように落ち葉が集まっている。物理屋さんなら、流れのなかにモノをおき、その後ろにできる渦巻きが作ったと解説するかもしれないが、いわゆる落ち葉の吹きだまりだ。それにしても公園ならばありそうだが、コンクリートに囲まれた町中で、まさかこのような光景が見られるとは思ってもいなかった。

 このほうき星をみたら、風を呪いたくなる気持ちも消え、もっと吹いてもいいぞと応援したくなる。風よもっと吹けだ。

|

« ヒヨドリの戸惑い | トップページ | 007再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒヨドリの戸惑い | トップページ | 007再び »