« 路線バスの旅を読む | トップページ | 花開く »

2014/01/26

路線バスの旅に悩む

 前回紹介した「コミさんのほのぼの路線バスの旅」(十年越しの東京湾ぐるり旅)、そのコースの最後に乗るのが市川駅から上野広小路行への京成バス。

Photo

 路線バス上34は、市川駅~上野広小路を京成バスと都バスの2社が運行していた。千葉県の端にある市川駅を出発し、江戸川をわたり都内にはいり、小岩・立石をとおり、四ツ木橋で荒川をわたり、向島をとおり隅田川をわたり、浅草をへて上野広小路まで、東京の東をひた走る路線だ。都バスでは、唯一千葉県内を走る珍しい路線だったがだいぶ前に廃止された。(上図は都営バス系統案内図昭和51年版、上34に赤線を追加)

 上34は、その後どうなったのだろうか?ちょっと気になり路線バス案内を調べたら、京成タウンバスがその一部を運行していることが分かった。

 京成タウンバス新小52は、市川駅~新小岩東北広場をむすんでいる。市川駅から京成立石駅付近まではかつての上34と同じコースを走っているようだ。そのまま終点の新小岩東北広場までのり、そこで新小59にのり換えれば浅草寿町まで行けるので、千葉県から都内中心にむかう路線バスの旅につかえそうだ。

 しかし新小52の葛飾郵便局で下車し、そこから6号線まで歩き、金町~浅草をむすぶ草39にのり換えるコースも可能だ。これはかつての上34とほぼ同じとなるが、すこし歩かなければならない。さてどちらのコースを選ぼうか悩み始めたところで、ふとあの番組の出演者のコンビを思い出した。歩くことをいとわずズンズン進むリーダーか、なるべく無理せず楽なコースを選ぶオジサンか、さて自分はどちらのタイプだろうかと?もちろん答えは分かっているのだが。

|

« 路線バスの旅を読む | トップページ | 花開く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 路線バスの旅を読む | トップページ | 花開く »