« シングル・アゲイン | トップページ | 東京の100横丁(矢吹申彦) »

2014/08/31

1967

 音楽雑誌beatlegのバックナンバーVol.110(アコースティック・サウンド特集)のなかにママス&パパスの”唯一だが最高のライブ音源、モンタレー・ポップ・フェスティバル”の記事をみつけ、懐かしさとともに長年モヤモヤしていたものが少し晴れた気がした。

Dsc00735d

 ママス&パパスは、1960年代中ごろに「夢のカリフォルニア」や「マンデー・マンデー」などのビッグヒットをだしたアメリカのフォークロック・グループ。抜群なハーモニーを誇るアルバムが何枚かリリースされていたが、なぜかライブ・アルバムは見かけなかった。そんなときに「モントレー・ポップ・フェスティバル」の実況録音盤LPが登場したのだ。

 モンタレー・ポップ・フェスティバルは、いまや伝説となったウッドストック(1969年)に先立つこと2年、1967年に開催された。この種の音楽フェスティバルの先駆けとなり、ママス&パパスはその運営にたずさわり自らも出演した。出演者は30組をこえて、サイモン&ガーファンクル、ジャニス・ジョプリン、オーティス・レディング、ジミー・ヘンドリックス、ラビシャンカールなどその後に大活躍したミュージシャンが並んでいる。

 ところで、いまやCDでもリリースされているママス&パパス「モントレー・ポップ・フェスティバル」だが、初めてLPを聴いたときは、これは何だろうとなった。先ほどの記事では、”このライブは「マイク準備が整っていなかった」「12弦エレキのチューニングが不安定」「ミシェルの声が録音されていない」”などが述べられている。LPのライナーノーツでは”素直に表現して、このライブアルバムに聞くママス・アンド・パパスの歌いぶりは決してよくない・・・それでいて、このライブ・アルバムは、彼らのどのアルバムよりも素晴らしい魅力をもっている”とある。しかし、このLPを新譜で購入した当時は、あまりにほかのアルバムとの差がありすぎてとまどいが大きく、これは何だろうかとなったのだ。

 いまyoutubeで当時の映像をみると、ライブならではのエネルギーあふれる演奏は、素直に素晴らしいと言える。細かく聴けば不具合があるが、それを超えるものがあるように思えるのだ。

|

« シングル・アゲイン | トップページ | 東京の100横丁(矢吹申彦) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シングル・アゲイン | トップページ | 東京の100横丁(矢吹申彦) »