« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015/05/10

Vitaphoneレコード

 Vitaphoneレコードと呼ばれるレコードがあった。文献によれば、これは映画用、直径16インチ(40センチ)、毎分33 1/3回転、収録時間は約14分の容量をもっていた。直径30センチのLPレコードなら20分は収録できるのに、それより大きいのに時間が短いのはなぜだろう。

 じつはLPレコードとこの16インチレコードは回転数は同じだが、開発された時代と技術がまるで違う。

 LPレコードは1945年に開発された。それまでのレコードの材質を変えて音質改善、溝の間隔をせばめて長時間収録を可能にした。映画用16インチレコードは、それより20年前、映画がサイレントからトーキーになる1925年に開発された。これは家庭用レコードがまだ78回転だった時代だ。

 トーキーの仕組みでよく取上げられるのはフィルムに光学的音声トラックをもうけたもの。これはSound-on-film方式とよばれ多くの映画で採用された。じつはトーキー初期にもう一つの方式が開発されていた。音声をレコード盤に収録し、上映時にフィルムに同期して再生させるSound-on-disc方式。この代表例がWestern Electricが開発したVitaphoneだ。

 Vitaphoneの再生方法は、一般のレコードとちがっていた。一般のレコードは、ピックアップはディスク外周から内側にむかって進むが、Vitaphoneレコードはピックアップのスタート点をディスクの内側におき外側に向かって進む。なにか珍発明のようにみえるが、レコード再生に問題はない。

 VitaphoneのようなSound-on-disc方式が成功しなかったことは、映画史から明らかだ。しかし、そこで採用された毎分33 1/3回転数は、その後のLPレコードで一般に普及し。さらに収録・再生をディスクの内側から外側に向けて進める方式は、デジタル時代のCDで採用されている。このようにみればSound-on-disc・Vitaphoneは、レコード史に記すべき項目のひとつだろう。

 上記Youtube映像は、ワーナーブラザースが1927年にVitaphone方式で制作した映画”Jazz Singer”の一部。

| | コメント (0)

2015/05/03

レコード回転数の不思議

 アナログレコードの販売が増加に転じた、国内オーディオメーカーが数十年ぶりにレコードプレーヤーを発売、したなど、アナログレコードに関するニュースがつづいている。デジタルメディアが、CD・MD・ネットオーディオとつぎつぎ変わりつつあるのに、アナログレコードがいまだに生きているのは興味深い。

Dsc01075d_2

 アナログレコードの不思議といえば、毎分33 1/3、45、78という回転数が真っ先に浮かぶ。特にLPレコードの回転数33 1/3は中途半端にみえるが、これはどこからきたのだろうか?以前、オーディオ関係の本を調べたが、確かな情報は見つからなかった。

 ところが先日、ずばりこれらレコード回転数がどのように決められたか記述した本をみつけた。

 「レコードのできるまで」は、白水社よりクセジュ文庫の一冊として1970年に発行。これはフランスで出版された1962年版”L'industrie du disque”(Pierre Gilotaux)の全訳。

 その”レコードの歴史”の章、エジソンの蝋管蓄音機につづいて現在のレコードの原型となったベルリナーの円盤レコード、”ターンテーブルの回転速度は1分間に約70回であった。このターンテーブルの速度はその後1分間に78.26となったが、これは60サイクル商用電源が供給され、46の減速比をもつ減速機を備えた毎分3600回転の同期電動機が、ターンテーブルの回転用と使用されるようになったからである”と述べている。

 さらに”LPレコードの特性”の章で、”33 1/3回転と45回転という回転数は、60ヘルツの送電網により供給される同期電動機の速度である3600回転の基本速度にプーリーによって直結している。減速比は33 1/3回転に対して108、45回転に対して80である”としている。

 78回転がモーターの回転数に由来するというのは、以前、どこかで読み、実際に古い電蓄の中をみて納得した覚えがある。電蓄のターンテーブルの下をみたら、大きなモーターに減速用ウォームギアが取りつけられその軸にターンテーブルがのっていた、いわゆるシャフトドライブでターンテーブルを直接回転させていた。まさしくターンテーブル回転数は、モーターの回転数+減速ギア比で決まる構造がそこにあった。

 しかし33 1/3、45回転の話は、いままで見かけたことがなく初めて知った。この話の原典はどのようなものだろうか、それが気になる。

| | コメント (0)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »