« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015/08/30

もっとキューバ音楽

 先日、BSフジでキューバ音楽の特集番組が放映された。

 「旅する音楽キューバ編」は、俳優のオダギリジョーがキューバを訪れ現地ミュージシャンから打楽器(コンガ)の指導を受けるというもの。先生の指導は、自ら手本となる演奏をしすぐに生徒にも演奏させ、生徒ができそうだと分かるとすぐに次のリズムに移る。生徒はドラム経験があるのでレッスンは順調に進むが、リズムがソンからルンバになったところでちょっとつまづく。

 日本でルンバと言えばまずはコーヒールンバつぎに社交ダンスだろう。じつはキューバのルンバは、社交ダンスで奏でられるルンバとはまったく違う。番組で紹介された現地のルンバは、大中小3台のバタドラム(両面に皮が張られた太鼓)で演奏される。それぞれの太鼓は異なるリズムをきざみ、混然一体となって複雑なリズムを生みだす。これに歌と踊りが加わりアフリカ色の濃いダンス音楽なのだ。

Youtubeにあったキューバのルンバ演奏。

 キューバ音楽というとBuena Vista Social Clubのサウンドを思い出すが、あれはキューバ音楽の一面だけのような。キューバの文化は、スペイン系、アフリカ系、さらに周辺カリブ諸国そしてアメリカからの影響を受けている。さらにキューバ国内には地域ごとに独自の文化がある。それらの組み合わせを踏まえれば、キューバ音楽はとても一言でくくれるものでない。アメリカとキューバの国交回復が進むいま、いままで埋もれていた未知のキューバ音楽が発掘されるかもしれない。しばらくはキューバ音楽の動向に目(耳)が離せない。

 なおBuena Vista Social Clubについては、アルバム未収録だった演奏をあつめたCD(Buena Vista Social Club Lost & Found)が最近発売された。

| | コメント (0)

2015/08/16

お盆休み

 連日の猛暑にこちらの体がなれてきたのか、自分の感覚ではちょっと涼しいと思ったが温度計は33度を示していた。

Dsc01245d

 地元の商店街はほとんどが閉まっていたのでエキナカで買い物をし、さらに地下鉄に乗って川べりの町へ向かう。クルマも人通りも少ない静かな町、表通りの店はほとんど休み。そんな中、路地奥のカフェが営業していたので入ったら、いつになく混んでいた。どうやら皆さん思いつくことは同じらしい。

| | コメント (0)

2015/08/09

メルビッシュ日本公演

 メルビッシュ湖上音楽祭は、オーストリアとハンガリーの国境近くにある町メルビッシュで夏に開催されるオペレッタ・ミュージカルの祭典。会場は、ノイジードル湖に面した収容人員6000人という巨大な野外劇場、日暮れとともに始まり最後は花火でしめくくる。演出は、”出演者が船で登場したり湖畔という立地を生かしたものが多い”と、まるで見てきたように書いているが、じつは一度も現地に行ったことはなく全てDVDから得た情報だ。

 そのメルビッシュ湖上音楽祭が日本で開催されるそうで開催案内がYoutubeにあった。

 9月10日、11日の2日間、河口湖ステラシアターで開催、演目は「こうもり」となっている。

 ヨハンシュトラウスIIが作曲した「こうもり」は、ウィンナオペレッタを代表する喜劇的要素に富む楽しめる作品だ。多くの指揮者がとりあげており、カルロス・クライバーやテオドール・グシュルバウアーなどはDVDで観ることができる。メルビッシュのDVDもおり、序曲のあいだに酔っぱらたこうもりに扮した男が登場し、こうもり博士の復讐を暗示する演出がされていた。はたして日本公演はどのような演出になるのだろか。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »