« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015/12/20

Die Fledermaus(こうもり)

 先日、Die Fledermaus (こうもり)のDVDを観た。「こうもり」は、ヨハン・シュトラウスが作曲したオペレッタ、多くの指揮者(ベーム、カルロス・クライバーなど)が録音・映像を残している人気作品だ。

Photo

 今回観たのは、1983年12月31日英国ロンドンにあるコベント・ガーデン・ロイヤル・オペラ・ハウスで収録されたもの。指揮はプラシド・ドミンゴ(三大テノールの一人であり音楽監督としても活躍)、歌手はキリテ・カナワ、ヘルマン・プライという豪華な組わせ。

 内容は、まさしく喜劇+歌劇。大晦日の公演ということもあるだろうが、指揮者を含め出演者全員が楽しみながら演じていている。歌はドイツ語だが、ときどき英語のセリフをまじえて観客を沸かせる。さらに原作にこだわらずヘルマンプライにジプシー男爵を歌わせたり、ジャンルを超えたゲスト(シャルルアズナブール)の歌唱をとりいれたりと、サービス精神にあふれる演出がされている。「こうもり」のDVDは複数発売されているが、これはクラッシクファンでなくても楽しめる一枚だ。

 なお「こうもり」のストーリーは、こうだ。友人のちょっとしたいたずらで町の皆からこうもり博士と言われるようになった男が、その友人をロシアの富豪貴族が開くパーティに誘う。友人は、そこで出会った仮面の美女をくどくのだが、じつはその正体は友人の妻であり、すべてはこうもり博士が復讐を目論んでしたいたずらだった。

| | コメント (0)

2015/12/13

ジェットコースター

 あとわずかで夏日になりそうな勢いで気温が上昇した翌日は、一気に10度も下がり冬に戻る。天気予報通りの展開だったが、先日のジェットコースターのような気温のアップダウンには驚いた。

Dsc02587d

 ところで驚いたといえば野坂昭如死去のニュース。五木寛之とともに人気を誇ったし、小説以外にも作詞、タレントや政治など幅広い活動をした作家だ。

 私も初期の小説に加えてエッセイ集をよく読んだことがある。それでは好きな作品は何かと問われてもすぐに答えが浮かばない。あえてあげるとすれば東京本つながりの「東京十二契」だが、これは少数派だろう。野坂作品でもっとも幅広い支持を受けたのは、「おもちゃのチャチャチャ」の作詞だ。これは誰もが納得するだろう。

 

| | コメント (0)

2015/12/06

スイッチ

 ついにモミジの紅葉がきた!今年は我が家の近所は、紅葉が遅れていた。しかも葉のふちがすこし縮れ茶色になりはじめ、このまま散ってしまうと思ったほどだ。ところがこの二日間で、まるでスイッチが入ったように急に赤くなりはじめた。

Dsc02515d
 
 ところで、このごろ電化製品のスイッチ操作で悩むことがある。昔のプッシュボタンやレバースイッチは、一目見ていまどちらの状態か分かった。プッシュボタンならもう一度押せばOFFになるし、レバーなら反対方向に動かせばOFFになる。

 ところが、最近の電子機器は、タッチスイッチが多い。これをOFFしようとして、もう一度タッチしてもOFFしない。スイッチを長押しすればOFFできるのだが、どうもこれがなじめないのだ。

 iPodのときは、まったく新しいコンセプトの製品なのでガイドブックを読んでどうにか対応できたが、プリンタを同じメーカーの新型に交換したときは、長押しのことをまったく思い浮かばず電源OFFするためプラグを抜いてしまったほどだ。従来からある製品だとその操作方法は前と同じと思い込み、なかなか新しい発想についていけない。困ったものだ。

| | コメント (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »