« 後からフォーカス? | トップページ | 路地に咲く花 »

2016/04/04

レコード新参者

 このところ大手メーカーからレコードプレーヤー新発売のニュースがつづいているが、”新型レコードプレーヤーの生産が受注に追いつかない!”とのニュースには驚いた。

 オジサン世代とレコードの話をすると、”レコードプレーヤーは壊れたので処分したが、若いころ買い集めたレコードはいまだに持っています”と語る人がいる。すでにレコードと同じアルバムをCDで持っているので、レコードはなくてもよいのだが、なにしろ給料をやりくりしながら買っていたので思い入れが大きいようだ。

 そんなオジサン達を狙い撃ちするかのように企画されたレコードプレーヤーは、昔ながらのレコードに加えて最近のデジタルメディアへの橋渡しができるような機能を付加している。ニュースにあったプレーヤーは、レコードをデジタル化してUSB出力でき専用ソフトを使うとパソコンで録音できる。似たような製品は他社からも発売されているが、これはDSDを含めたハイレゾに対応している。

 ところで”このごろレコードの生産が増えていて新譜も発売されています、若いミュージシャンの中には、新作をアナログメディア(レコード、カセット)でリリースする人もいるそうです”という話をカフェで聞いた。どうやらオジサン世代よりずっと若い人のなかにもレコードに興味を持つ人がいるらしい。かれら新参者は、レコードの何に魅力を感じているのだろうか?一度ゆっくり話を聞いてみたい。

|

« 後からフォーカス? | トップページ | 路地に咲く花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 後からフォーカス? | トップページ | 路地に咲く花 »