« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/08/21

ラジカセで遊ぶ

 中古カセットテープが、某所で大量に売られていた。その中から落語と音楽カセットを購入。完全美品であればそれなりの値段がするかもしれないが、付属の解説書がなかったり外箱スリーブがないためいずれも格安。

Dsc03006e

 早速、家にあるCDラジカセにセットするが音が出ない。これはテープ不良かと一瞬思ったが、ラジカセのテープ走行をよく見たらテープがピンチローラーのところで折り重なるようにたまっている。我が家では一番新しCDラジカセだが、カセットテープは使わなかったのでこのような症状があることに、いままで気がつかなかった。試しに、今はまったく使っていない古いモノラルラジカセを引っぱり出してテープを入れたら正常に再生。やはりCDラジカセは故障していたのだ。

 それにしても録音済みのカセットテープを買うのは何年ぶりだろうか、20年いや30年ぶりかもしれない。かつて音楽アルバムは、レコード、CD、カセットで同時に発売され、私もWALKMAN(もちろんカセットテーププレーヤー)を持っていたときミュージックテープを購入したことがある。いまふり返れば、カセットテープはその当時最もコンパクトで、しかも自分で録音編集できるメディアだった。

 久しぶりに使うラジカセ、最初はその操作感に少しいらついたが、しばらくすると気にならなくなる。むしろ進み具合が巻取り量から一目で分かり、たぶんあの曲はこのあたりとずばり頭出しできたりすると、どうだと自慢したくなる。どうやらラジカセ遊びにはまりそうだ。

| | コメント (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »