« もう一度コンパクトカメラ・フジカルディアミニティアラ | トップページ | もう一つの「あまカラ」本 »

2016/09/25

もう一度コンパクトカメラ・京セラ Tプルーフ

 30mm(リコーR1s)、28mm(カルディアミニ・ティアラ)が揃うと、次は35mmレンズを持つコンパクトカメラに目が向くのは自然な流れだろう。ところが当時(1999年ごろ)は、コンパクトカメラはズーム全盛となっており、手ごろな35mm単焦点コンパクトカメラは意外と少なく、そのとき候補となったのはオリンパスμ2と京セラTプルーフだった。いろいろ悩んだ末、京セラTプルーフを1999年5月に購入。

Dsc03084e

 Tプルーフは、35mm F3.5 3群4枚構成のレンズを持つ単焦点フィルムカメラ、重量は電池別(CR123A)で200g。レンズはツァイスのテッサー。なだらかな曲線を描くボディはプラスティック製で生活防水機能を有する。またカメラ上面から被写体がのぞけるニューアングルスコープもついている。

 このカメラは、リコーR1sやカルディアミニ・ティアラと比べると大ぶりだが、前面左側に指がかりとなるゴムが貼られ持ちやすく、メインスイッチはスライド式で扱いやすく、シャッターボタンも大きく押しやすい。シャッターボタンのストロークが短いので,、最初は半押ししたつもりでシャッターを切ってしまったが、慣れると半押しもスムーズにでき、その素早い反応が心地よくなる。プラスティックならではのデザインは好き嫌いが分かれそうだが、じつに使いやすいカメラだ。

 下の写真は、1999年12月リバーサルフィルムRDPIIで撮影したものを、最近になってデジカメ+スライドコピアでデジタル化したもの。

Dsc03143e

|

« もう一度コンパクトカメラ・フジカルディアミニティアラ | トップページ | もう一つの「あまカラ」本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう一度コンパクトカメラ・フジカルディアミニティアラ | トップページ | もう一つの「あまカラ」本 »