« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017/04/25

小さな青い花

 風に舞う八重桜の花びらの行方を目で追っていたら、地面に小さな青い花をつけた草をみつけた。図鑑で調べたら、マツバウンラン(松葉雲蘭)のようだ。初めて見かける花だと思ったが、近くの人から”いや昨年もありましたよ”とのこと、よく見れば20~30本ぐらい生えている。

Dsc03904f


| | コメント (0)

2017/04/19

半袖シャツをさがす

 ここ三日ほどいや今日で四日、25度をこえる陽気がつづいている。ついこのあいだ仕舞いかけたダウンを引っ張りだしたのに、こんどはあわてて半袖シャツをさがすことに。

Dsc03869f

| | コメント (0)

2017/04/07

三日見ぬ間

 前回(4月4日)訪れたときは、満開もあるがまだ五分咲きが目立っていた大横川沿いのサクラも、今日(4月7日)はすべて満開となり、川面には小さいながらも花筏。

Dsc03859e_2


| | コメント (0)

2017/04/05

サクラトンネル

 すでにサクラの満開宣言がでている東京だが、隅田川沿いはまだという話があったので確かめに行ってきた。永代橋の少し下流から対岸をみると、満開であればサクラカーテンとなり背後の建物を隠すほどになるはずだが、ところどころ隙間が見える状態だ。

Dsc03824_1e_3

 花見クルーズのコースになり船が行き交う大横川も同じで、まだ花が十分に開かず枝ぶりが見えるサクラ並木のところどころに満開に近いものがポツンポツンとまじっている。日当たりの良さそうな場所より建物の影になっているサクラが満開に近いなど、今年のサクラの開花はバラバラだ。とはいっても川沿いの小道には、いつものようにサクラのトンネルが出現。

| | コメント (0)

2017/04/02

花を追う

 青木玉の本「こぼれ種」のなかにある「花を追う」は、母親と一緒に都内各地のサクラを見て回った話からはじまり、桜もちの葉で知られる大島桜(オオシマザクラ)について語っている。

Dsc00264_1e

 いまは染井吉野(ソメイヨシノ)が全盛だ。花が枝を隠すほどたくさんつき、一つの花が大きく、色は桜色、葉はあとからで花を邪魔をしないなどの特長があるからだろう。大島桜は染井吉野の親だが、その並木は見かけないし、植木屋の扱いもそっけない。

 しかし大島桜は、実つきがよく、さまざまな新品種サクラの親木になるなど良い点がある。その開花時期は、染井吉野と同時か少し遅れた頃だが、都心ではなかなか見かけない。そこで満開の大島桜を確実に見るため、飛行機で大島へ飛ぶのだ。「こぼれ種」は、木や花の話題を数多く取り上げているが、「花を追う」は、この時季にピッタリの話だ。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »