« 白いポロシャツ | トップページ | アオスジアゲハ »

2017/07/16

南国で長袖シャツ

 最高気温が35度C以上の日を猛暑日というが、このところ猛暑日が増えたように思う。気象庁が発表した長期変化傾向でも増加が指摘されており、データでも裏付けされている。

Dsc00029h

 ところで猛暑で思い出すのは、真夏の初めてのシンガポール・マレーシア出張だ。そのとき先輩からあるアドバイスをもらった。それは”とにかく長袖シャツをもっていけ”である。現地に着いてみると、ほとんどの人が日本と同じ半袖姿で外気温も日本の夏と同じぐらいで長袖をカバンから取り出すことはなかった。

 しかし出張先の会議室に入った途端にアドバイスの意味が分かった。空調の吹き出し口から出てくる風が、寒いというか冷たい。しかもその吹き出し口はゲスト席のそばにあり、そこに座っていた私は会議のあいだずっと冷気にさらされた。さらに工場へ移動するためクルマに乗ったら、エアコンが強力で風量が大きく、助手席に座った私は冷凍庫にいる気分になった。長袖を着ないと、こんな強力な冷房には耐えられそうもないのだ。

 長袖シャツは冷房対策だけでなく外出にも役立つ。昼間に外出したら、半袖を着ていた私はあっというまに日焼けし、ちょっと触るとヒリヒリ感じるほどになった。現地の人にこのことを話したら、”日焼け対策をしなかったんですか”とあっさり言われた。地元の人は、わずかに明るさが残る夕刻になってから散歩するそうだが、昼間移動する旅行者は帽子と長袖シャツで防護したほうがよさそうだ。いまは旅行サイトでも長袖を持っていくことを勧めているが、実際に体験すると納得できる。

 それにしてもこの猛暑はいつまで続くのだろうか。北海道の最高気温が東京より高いなど、いままでの常識が通じない現象が起きているが、これは温暖化の影響だろうか。

|

« 白いポロシャツ | トップページ | アオスジアゲハ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 白いポロシャツ | トップページ | アオスジアゲハ »