« ミニチュアキキョウ | トップページ | 梅雨寒の想い出 »

2018/06/10

砥石をとぐ

 我が家では、包丁研ぎは私の役目になっている。その包丁を購入するとき、買い物についていった私が店の人に勧められた砥石を”買ってもいいかもと”と言ったらしく、このような流れになったのだ。

 このごろその包丁を研いでも切れ味がいまひとつ良くない。砥石の中央部がすり減り、横から見ると両端が反ったように高くなり包丁と砥石がスムーズに接触しないのだ。これではうまく研げないのも当然だ。そろそろ砥石を新しくしようかと思いながら、まずは包丁を購入した店へ行き相談してみた。

 店の人に砥石の状態を説明したら、”砥石の平面性をチエックして、もし凸凹があればこの砥石で修正します”と店で使っている実物を見せながら説明してくれた。

 それが「面直し砥石」(下の写真)。

P6071335_1b

 それを購入し早速我が家で試してみた。水に十分漬けてから砥石の反った部分をガシガシと削る作業を始めたら、これが予想以上に強力で少し削り過ぎたほど。固い砥石を削るということから、つい力を入れてしまったが、もっとやさしく作業すべきだったようだ。平らになった砥石で包丁を研いだら切れ味が復活、面直し砥石の威力を実感する。

 それにしても砥石を研ぐ砥石があるとは、道具の世界はじつに奥が深い!砥石に限らず、道具を治すための道具に興味がわいてきた。

|

« ミニチュアキキョウ | トップページ | 梅雨寒の想い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミニチュアキキョウ | トップページ | 梅雨寒の想い出 »