« 梅雨明けを待つ | トップページ | 日傘男子 »

2019/08/04

不思議なカフェの謎のメニュー

 梅雨明けしたとたんの猛暑、体が暑さに追いつかず遠出しようとした気持ちが折れてしまい隣町で間に合わせる。用事を済ませたのち休憩と水分補給のためカフェに向かう。そこは店内に大きなコーヒー豆焙煎機を設置し本格的なコーヒー専門店のようだが、メニューにはコーヒーはもちろんケーキ、パフェやサンドイッチ、ハンバーグ、ピザ、ドリアなどの軽食も載っていて、まるで昭和の喫茶店のようでもある。

Dsc04130-3b

 いつも賑わっている店だが、そのときは先客が3人だけ。主婦二人と女子大生風一人。主婦二人は子供の進学問題のおしゃべりに夢中、女子大生風は冷たいドリンクを飲み終わり一休みという様子。やがてその彼女が、ちょっと遠慮がちにタバコを吸い始めた。すぐ近くの駅中にあるチェーン展開してるカフェは分煙され喫煙室を設けているが、ここは全席喫煙可となっているので気楽に吸えるのだろう。しかも客の年齢層が高いので知り合いの同級生に会うこともなさそう、ここは彼女にとって穴場のような場所かもしれないと思わず想像してしまう。

 ところでこのカフェのフードメニューの中に、これは何だろうという食べ物がある。フレッシュトーストである。メニューにトーストもあるので、この店特製の高級食パンのトーストなのか、それともトーストに果物かフルーツジュースがついているのかと思いながら店の人に聞いたら、予想外の答えが返ってきた。これはコンビーフサンドイッチとのこと。

 注文したら、ハムサンドのハムがコンビーフとなり、それを挟むパンが軽くトーストされているサンドイッチがきた。かつてデニーズでコンビーフサンドイッチを食べたことがあったが、それと具材の組み合わせは似ているようだが、全体がマイルド味でとがったところがなく食べやすい。それにしてもこれをなぜフレッシュトーストとネーミングしたのだろうか、この不思議なカフェはいろいろ謎がありそうだ。

|

« 梅雨明けを待つ | トップページ | 日傘男子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 梅雨明けを待つ | トップページ | 日傘男子 »