« 日傘男子 | トップページ | 清澄ガーデンプレイス? »

2019/08/25

もう一度カンツォーネ

 先日、この春に発売されたイタリア出身のジャズピアニストであるジョバンニ・ミラバッシのアルバム「INTERMEZZO」を聴く機会があった。これはジョバンニ・ミラバッシのピアノ伴奏で、フランス出身のジャズ歌手サラ・ランクマンがイタリアの1960年代から1980年代のヒット曲を歌ったアルバム。

 

 1960年代のイタリア・ヒット曲となればサンレモ音楽祭を思い出す。この頃のイタリア生まれの曲はカンツォーネと呼ばれ、日本でもヒットした。たとえばジリオラ・チンクエッティの夢見る想い(Non ho l'eta)は1964年のサンレモ音楽祭の優勝曲で、日本では伊東ゆかりが歌った。さらに伊東ゆかりは1965年の第15回サンレモ音楽祭に出場し入賞している。サンレモ音楽祭がその後どうなったか調べたら、いまも開催されており2019年で第69回となっている。

 上に載せたのは、2019年サンレモ音楽祭の映像の一部。司会進行役のベテラン歌手クラウディオ・バリオーニと女性歌手エリーザの二人が歌うのは、ルイジ・テンコが1965年に発表したヴェドライ・ヴェドライ(Vedrai, Vedrai)。これはイタリアでよく知られた曲だそうだが、私は冒頭に紹介したアルバム「INTERMEZZO」で初めて知った。

 それにしてもINTERMEZZOに収録された曲はどれもみな良い感じだ。イタリア語は分からないが、言葉の響きとテンポさらにメロディがとても心地よいのだ。もう一度あの頃のイタリア・ポップスいやカンツォーネを聴いてみたい。

|

« 日傘男子 | トップページ | 清澄ガーデンプレイス? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日傘男子 | トップページ | 清澄ガーデンプレイス? »