« 不思議なカフェの謎のメニュー | トップページ | もう一度カンツォーネ »

2019/08/11

日傘男子

 暦のうえでは立秋ですと言われても、猛暑がつづくなかでは思考が止まり季節の移ろいを確かめる気になれない。

 Dsc05775-1b_20190811163801

 そんな朝、突然ジーというセミの鳴き声がはじまり、やがてそれはツクツクツク・・・という序奏につづきツクツクボーシを繰り返した。そうだこれはツクツクボウシだ。

 こどもの頃は、夏の最初はニイニイゼミ、やがて夏休みになるとアブラゼミとミンミンゼミとなり、ツクツクボウシはお盆のころに鳴きはじめた。まるでセミの鳴き声は音の暦のようなものだったが、最近はあまりあてにならない。こう天気が激しいと、いままでの経験はあまり参考にならない。

 ところで女性の日傘姿は夏の定番だが、これからは男性も日傘をすべしとの話がTVで紹介されていた。先日、その日傘をさす男性を目撃した、それも二人だ。

 一人目は少し距離があったのでよく分からないが、黒い傘をさした男の人が夏の強い日差しのなか歩いていた。二人目は駅に向かうときにすれちがったので、少し観察できた。おおよそ50代ぐらいにみえるオジサンが、明るいグレーというかシルバーに近い傘で夏の日差しをさけながら歩いてきた。すれちがう時にちらっと見たら、傘の内側は黒で折りたたみ傘のようだった。調べてみたら、似たようなものが男性用日傘として販売されている、それは晴雨兼用の日傘男子用とのこと。

|

« 不思議なカフェの謎のメニュー | トップページ | もう一度カンツォーネ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不思議なカフェの謎のメニュー | トップページ | もう一度カンツォーネ »