« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019/09/28

懐かしのアメリカTV映画史を読む

 タイトルに惹かれて購入した「懐かしのアメリカTV映画史」(瀬戸川宗太、集英社新書)を読む。

Dsc05796-1b

 その帯に”昭和30年代の子供たちへ”とあるように、これは昭和30年代、日本でテレビ放映されたドラマを紹介している。筆者(昭和27年生まれ)が観てきたアメリカ制作のテレビドラマを中心にイギリスや日本のものを年代順に並べ、大きな事件や社会情勢にふれながらどのようなドラマが放映されたかを語る。

 この本を読んで思い出したドラマがいくつかある。たとえばタイムトンネルはNHKが放映したアメリカテレビドラマ(この本によれば1967年放映)、まだ実験中のタイムマシンに入ってしまった主人公が時間旅行というより時間漂流し過去の有名事件や事故の現場に遭遇する話だ。なぜかNHKはこのようなタイムトラベルものが好きらしく、筒井康隆の「時をかける少女」を原作にした「タイム・トラベラー」(1972年)、さらに新しいところでは「タイムスクープハンター」(2009年)を制作している。

 イギリス製テレビドラマなのでこの本ではタイトルしか紹介されていないが、サンダーバードはNHKが1966-67年に放映した人形による特撮映画。いま見直すと、爆発炎上シーンなどはいかにもミニチュアだが、放映時はその迫力に圧倒された。またサンダーバード1号から5号さらにペネロープ号などの登場する乗り物のデザインが斬新で作りが精巧だったことも印象に残っている。これはNHKと民放で何度も再放送されたのでストーリーの説明は不要だろう。

  これもNHKが放映したイギリス製ドラマのプリズナーNo.6は、じつに不思議な作品だった。元諜報員が何者かに誘拐されまったく知らない小さな村に連れてこられ、そこから脱出しようと様々な試みをするが妨害にあってなかなか果たせない。スパイものなのかミステリーなのか、ストーリーが難解で最後までモヤモヤ。しかしオープニングシーンだけは鮮明に覚えている。主人公がロンドンの街を小さなレーシングカーのようなクルマで走る、それがとても印象的だった。

 それにしても最近でも刑事フォイル、刑事モースなど、NHK-BSはイギリスドラマをよく放映する印象があるが、これは今にはじまったことではないようだ。

| | コメント (0)

2019/09/25

OLYMPUS TG-5 にレンズキャップを付ける#2

 OLYMPUS のデジカメTG-5を使っているが、その後継機となるTG-6が発売された。いまのところ買い替える予定はないが、カタログに気になるアクセサリーが新登場。

Dsc05816-1b

Dsc05817-1b

 レンズキャップLB-T01である。すでにスライド式のレンズキャップを使っているが、ときどき開け閉めに手間取ることがある。LB-T01は、カタログに”グローブ着用中でも開閉が容易”と書かれている。どのぐらいスムーズに操作できるか確かめようと思いカメラ量販店に行ったら、入荷待ちで入荷日も未定。それほど急ぐものではないので、そのときはまた来ますと店を後にした。

 そのLB-T01をようやく入手。外周を回して内側のまぶたのような部分(レンズキャップ内蔵のデジカメとほぼ同じ構造)を開け閉めする方式で、これが予想以上にスムーズ。なるほど、これならグローブをしても操作できそうだ!

 ところでここまでレンズキャップとして書いてきたが、オリンパスのカタログでは「レンズバリア」としている。型番のLBは、Lens Barrierの頭文字だろうか。

 

| | コメント (0)

2019/09/21

バナナ(獅子文六)を読む

 本の帯に、”レトロ&ポップなドタバタ青春物語、家族、恋愛、青春、美食、音楽 文六さんの要素が詰まりまくった隠れた名作”とある「バナナ」(獅子文六、ちくま文庫)を読む。これは「コヒーと恋愛」に続いて私にとって2冊目の獅子文六作品。

Dsc05783-1b

 昭和34年(1959年)読売新聞に連載とあるから60年前の小説だが、話の展開がスピーディーで文章も分かりやすく読者を飽きさせない。

 そのストーリーは、大学生の息子がクルマが欲しくて父親から購入資金を援助してもらおうとしたが、その父親は食べることは大好きだがクルマ嫌い。そこで女友達の父親のもうけ話にのっかり、叔父の支援をうけてバナナの輸入で大金を得たことから、思わぬ事態に発展してしまう。そこに女友達のシャンソン歌手デビュー、さらに母親もシャンソンにのめり込んで小さな問題をかかえる。息子が母親の問題を解決し、最後に息子の窮地を救うべく父親が決断をするところで終わる。

 「コヒーと恋愛」でも感じたが、「バナナ」も舞台を外国に移しても十分成立しそうなストーリー展開だ。1960年に大学生役に津川雅彦、その女友達役に岡田茉莉子で映画化されている。なお獅子文六の人気再燃に応じて、ラピュタ阿佐ヶ谷ではは9月1日から獅子文六作品映画の上映を予定しており、その中にはバナナも含まれているそうだ。

| | コメント (0)

2019/09/15

十六夜を仰ぐ

 今年の十五夜は9月13日だったが、あいにく我が家からは雲を通して月がかろうじて見える程度で、お月見団子を食べるだけで終わってしまった。

 Dsc05794-1b_20190915101901

  ところが翌日の9月14日は、よく晴れ明るい月が輝き、その月明りが木々の影をベランダに映すほどだった。十六夜(いざよい)である。

 ところでお月見団子に小さな栞がついていた。”十五夜と十三夜の月を賞する行事で、それぞれの月を「中秋の名月」「名残の月」と呼び、この両方の月を見るのが正統的なお月見です。今年の十五夜は九月十三日、十三夜は十月十一日です”とある。となると十月十一日にまた月見団子をお供えするのかと思ったら、どうもそうでないらしい。

 「心を届ける。和菓子と暮らしの歳時記」(吉沢久子、主婦の友社)によれば、”十三夜は別名「栗名月」。この日にはくりを備え、十五夜と同じように月を拝みます”とある。この日限定で栗と白あんで作られたお菓子を販売する和菓子屋もあるので、この説は無視できない。

| | コメント (0)

2019/09/11

台風のちカミナリ

 関東地方を直撃した台風15号は、大きな被害をもたらした。真夜中、室内にいても風音がすさまじく家も少し揺れるほど。翌朝、表に出たら街路樹の枝が道路のあちこちに散らばり、歩いて20分ほど離れた学校周辺では倒木があり電柱も折れたとのこと。

Dsc06695d

 千葉県君津市では送電鉄塔が倒れ広範囲に停電しているし、市原市ではゴルフ場の鉄塔も倒れている。いずれも台風の強風による被害だ。大雨の被害については各自治体が洪水ハザードマップを出しているので事前の被害を想定して準備できるが、風になると植木鉢を片付けるぐらいしか思い浮かばない。電柱が折れるなどは、まったく想定できそうにない。

 そして昨晩は、雷雲が北西から下がってきた。それもゴロゴロでなく、いきなり近くでピカッ・バリバリとなり驚く。かつての夕立は、はるか遠くでカミナリが鳴りやがて雨が数十分つづき雨雲が通り過ぎると空気が一気に涼しくなった。それがいまは、突然雨雲が大きくなり激しい雨がどっと降る、いわゆるゲリラ豪雨。あの夕立はどこへいったのだろうか。

| | コメント (0)

2019/09/08

カフェにて

 駅中のチェーン展開しているカフェに入ったら、家族連れが小さな丸テーブルを囲んでいた。お祖父さん、お祖母さん、若いママに加えて子供二人、その子供たちがサンドイッチがのっているトレイを運ぶお手伝い。今日はママも家事を一休みして皆でカフェに来ましたという光景は休日ならではだろう。

Dsc05782-1b

 その近くの丸テーブルに若いカップルが来た。男の子がイスに座りその向かい合わせのイスを女の子に勧めたら、女の子は窓際のカウンター席を指さしながらそちらへ向かい、男の子も追いかけるようにそちらへ移り二人並んで座った。

 ところで、”ラテンアメリカの国々で、男女の2人づれがレストランやカフェに入ってきたとき、必ずと言っていいほど並んで席につくのだ。日本の男女がテーブルをはさんで向かい合って座るのと対照的である”。さらにキューバ女性から”向かい合って座ったりしたら、相手に触れられないじゃないの”と言われたとある。これは、ラテン音楽ジャーナリスト竹村淳が、その著書「ラテン音楽名曲名演名唱ベスト100」(1999年、講談社)の中で紹介している話だ。

 これであれば先ほどの若いカップルとくに女の子はラテンのノリとなるが、カウンター席に並んで座る二人は会話もせずそれぞれのスマホを操作していた。二人で来たのに、お一人様のようなのだ。これは、いままでのラテンアメリカや日本で見られたものと違う、まったく新しい形かもしれない。

 

| | コメント (0)

2019/09/01

清澄ガーデンプレイス?

 ここ数年の清澄白河の変貌には驚く。この変化を一気に加速したのは、2015年2月に開所したブルーボトルコーヒーであることは間違いないだろう。

P9022798-2b

 それまでの清澄白河は、清住庭園、深川江戸資料館、現代美術館への最寄り駅として知られ、古くからあるお店の間にギャラリーなどが点在する下町散策とアートの地で、訪れる人の年齢も少し高めだった。そこにコーヒーとカフェのキーワードが加わり、いまやカフェ巡りを楽しむ若い人を見かけることが増えてきた。

 古い工場や倉庫を改装してカフェやイベントスペースにしたり、さらに紅茶やチーズの専門店やパンやスイーツや雑貨のお店が加わり、いまや清澄白河はオシャレな町として雑誌に取り上げられるている。

 その変化が一目で分かるのは清澄通沿いに昭和初期に建てられた「旧東京市営店舗向住宅」だろう。古い店舗がリフォーム・リノベーションされそこに新しい店が入り、町の風景をアップデート。そのうちこの一連の建物は、清澄ガーデンプレイスなどと名前を変えてしまうかもしれない、それほどの勢いを感じてしまう。

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »