« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019/10/27

セルフレジの進歩に驚く

 地元の電気店で入手できないちょっと古いタイプの充電池を購入するため都心の量販店へ向かう、ついでにユニクロでシャツを買う。

 そこは初めてのユニクロ、レジ周りの様子が地元のユニクロとちょっと違う。セルフレジだ!カゴを指定の位置に置き、使い方の説明を読んでいたらこちらの戸惑いを察知したのか店員さんが寄ってきて、質問しながらタッチパネルをパッパッと操作し一気に支払いの直前まで進めてくれた。あとは自分で現金を投入しレシートを受け取り、カゴを取り出し購入したものをレジ袋に入れて買物完了。

Rfid4

  地元スーパーにもセルフレジがあるが、商品のバーコードスキャンは店員さんが行い、自分で行うのは支払いだけだ。これはセミセルフレジと言うべきものかもしれない。ユニクロのカゴを置いただけで中にある品物の明細と合計金額が表示されるのは、どのような仕組みなのだろうか。家に戻り商品タグをじっくり見たら、左上に小さくICタグの文字とRFIDマークが印刷されているのに気づいた。そうか無線タグ(RFID)か!でもチップとアンテナはどこに仕込んであるのだろうか。もしかして、この白い商品タグに内蔵されているのかと思いながら、照明にかざしてみたら薄っすらと影。

Dsc05832-3b

 その買い物タグをライトボックスにのせ下から照明をあてて撮影したのが上の写真。タグの中にアンテナが羽のように上下対称に広がる様子がよく分かる、チップはその中心部にあるようだ。それにしても初めて無線タグを見たのは空港の荷物管理という特殊な分野だったが、いまやアパレル小売業にまで進出しているとはその進歩に驚く。

| | コメント (0)

2019/10/20

バスクチーズケーキ

 最近、バスクチーズケーキの話題をつづけて二か所で聞いた。もしかして流行っているのかと調べたら、すでに専門店も出来ていた。

P9132843-2b

  バスクチーズケーキは、スペインのバスク地方の都であるサンセバスチャン発祥、もともとバルで出されていたチーズケーキだそうだ。都内のカフェで食べたバスクチーズケーキ(上の写真)は甘さ控えめでチーズ風味が濃い、見た目はこのカフェの定番メニューにあるキッシュに近いがよりクリーミーでなめらかな食感だ。

 ところで、かつてイタリアのティラミスやベルギーワッフルなどのヨーロッパスイーツの大ブームがあったが、バスクチーズケーキはどうだろうか。”チーズケーキはもう珍しくないので少し変わったぐらいでは流行らないのでは”と言ったら、”いやいやそれは考えが甘いですよ、コンビニスイーツにも登場していますから”と教えてくれた。そんなことになっているとは、思わぬところで自分の周回遅れに気づかされた。

| | コメント (0)

2019/10/06

初赤トンボ

 この秋、初めて見かけた赤トンボは、強い南風に煽られながら棒先につかまっていた。ときどき風に耐え切れず舞い上がるが、すぐまた棒に戻る。

Pa042922-1b

 ところで気象庁は生物季節観測として、各地の様々な生物のデータ、たとえばサクラの開花やツバメなどが現れた日を集計している。そのデータの中に「あきあかねの初見日」という項目がある。赤トンボの代表種であるアキアカネが初めて目撃された日を全国各地で集計したものだ。それを見ると、今年は横浜は早かったが、それ以外は平年より遅い地域が多いことが分かる。

 どうも秋の訪れが遅いような気がしていたが、やはりそれは赤トンボにも及んでいるようだ。

| | コメント (0)

2019/10/04

南風が吹く日

 台風18号は日本海で温帯低気圧となったが、東京では強い南風が夕方まで吹き荒れた。

Pa042924-4b

 白い雲が勢いよく流れるなか、飛行機が北東から南西に飛んでいく。羽田空港への着陸飛行ルートは風向きと天気に応じて選ばれるそうで、北風60%、南風30%、さらにそれぞれ好天と悪天に分けられる。写真の飛行機は南風悪天時のルートで羽田に向かうものだが、この想定運用比率はわずか3%しかないそうだ。となれば相当レアの光景のはずだが、このところよく見かける気がする。

| | コメント (0)

2019/10/03

白花彼岸花

 だいぶ出遅れた感があるが、彼岸花を見るため深川清澄庭園へ向かう。すでに時季をすぎた花もあるが、庭園奥の水辺近くで白い彼岸花を見かける。

Pa022901-1b

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »