« 都会に暮らす生き物 | トップページ | ジングルベルが聞こえない »

2019/12/18

紅葉落葉

 毎年、定点観測のように見てきた近所のモミジ紅葉は、今年はいつもより遅く始まり、しっかり色づく前に一部が散り始めた。真冬のような寒い日があれば少し暖かさを感じる日もあって、不安定な陽気にモミジも戸惑っているのだろう。

Dscf0776-2b

 ところで近くのショッピングセンターにちょっとした人混みができていた。クリスマスリースを作るミニ講座を開催しているようで、さほど広くないイベントスペースが満員。DIYブームが追い風になっているのだろうか、人気があるようだ。

 そのリースの素材のなかに、ギザギザ緑の葉に赤い実がついた小枝をみかけた。クリマスケーキの飾りで知られる西洋ヒイラギだ。わざわざ西洋と付いていることから予想できるかもしれないが、これは日本に昔からあるヒイラギとは全く別のもの。日本のヒイラギは、西洋ヒイラギと実がなる時期も色も違い、実がなるのは初夏、色も黒である。

|

« 都会に暮らす生き物 | トップページ | ジングルベルが聞こえない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 都会に暮らす生き物 | トップページ | ジングルベルが聞こえない »