« 寺田寅彦「俳句と地球物理」を読む | トップページ | 澁澤龍彦「イタリアの夢魔」を読む »

2020/04/04

カリンの花

 カリンの輝くような黄色い果実を知っていても、どのような花か問われてすぐ答えられる人は少ない。いま、そのカリンの花が咲いている。

Dsdf0293-1b

 カリンの開花は、ソメイヨシノが散りはじめヤマザクラとほぼ同じ頃。花色は、サクラより濃く桃よりは薄く、薄紅またはローズピンクだろうか。花びらは五弁、完全に開くと花径は3cmほどになりサクラより大きい。

 ところで高級木材にカリンと呼ばれるものがあるが、これは黄色い実のなるカリンとはまったく異なる。木材のカリンは、東南アジアに分布しインド紫檀とも呼ばれ、花は金木犀に似て小さな花がたくさん集まって咲くそうだ。

|

« 寺田寅彦「俳句と地球物理」を読む | トップページ | 澁澤龍彦「イタリアの夢魔」を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寺田寅彦「俳句と地球物理」を読む | トップページ | 澁澤龍彦「イタリアの夢魔」を読む »