日記・コラム・つぶやき

2018/01/21

スペインポップス

 カリブ海から中南米にかけてスペイン語を公用語とする国は数多くあり、それらはまるでラテン音楽の宝庫でもある。しかし本家スペイン音楽となると、フラメンコは知っていてもそれ以外はすぐに思い浮かばない。さらに歌手となると、1980年代にビッグヒットを飛ばしたフリオ・イグレシアスぐらいしか記憶にない。

 

 2017年末に発売された「あなたにバラの花束を〜ベスト・オブ・ルス・カサル〜」は、スペインの女性歌手Luz Casal(ルス・カサル)の最新アルバム。ライナーノーツを見て知ったのだが、ルス・カサルはスペインの国民的歌手とされ2017年にブルーノート東京にも出演したそうだ。たぶんスペイン音楽をよく知る人にとっては、なにをいまさらというほど知られた存在なのだろう。

 彼女のすこしハスキーな歌声は、静かながらも情熱を秘めているようで曲が進むにつれて聴く者をひきこむ。

| | コメント (0)

2018/01/14

フレンチポップス

 1月7日のニュースで、フランスの女性歌手「フランスギャル」が亡くなったことが報じられたが、それへの反応というか食いつき方は世代によって様々。

 すぐに「夢見るシャンソン人形」でしょうと曲名、さらにシルヴィバルタンはどうしているだろうかと返してきたのはちょっと年上のベテラン。フランスギャル懐かしいですね、そういえばこの頃フレンチポップスを聴きませんねと答えたのは、私より10歳ぐらい年下の人だ。さらに若い人になると、名前も曲もまったく知らない。

 1970年代前半までは、フレンチポップスがラヂオやテレビからよく流れていた。フランスギャル「夢見るシャンソン人形」、ダニエルビダル「オーシャンゼリゼ」などは日本語バージョンが作られ、日本人歌手もカバーしていた。とくにダニエルビダルは、日本のテレビ番組にも出演していたのでその姿と歌声がいまも記憶に残っている。

 それにしてもこの頃はフレンチポップスやイタリアンポップスなどを聴く機会が少なくなった。シャンソンは根強い人気があるそうだが、カンツォーネはどうだろうか、サンレモ音楽祭は今もあるのだろうか。そのサンレモ音楽祭を検索したら公式サイトがあり、2018年も開催されるらしい(イタリア語なので読めないが、たぶんそうだろう)。

 今年はヨーロッパ音楽を聴いてみようと思う。それもフランスやイタリアのようなメジャーな国でなく、もっとマイナーな国々の音楽に注目したい。

| | コメント (0)

2018/01/03

もう一度コンパクトカメラ・ズーム編・コニカ LEXIO70

 コンパクトカメラは単焦点と決めていたが、風景の一部だけを撮りたいときや動植物を画面一杯にひきよせて撮りたいとき、ズームレンズがあればと思うことがあった。そこで2001年7月にコニカ LEXIO70を購入。

Dsc04453_2b

 コニカ LEXIO 70は、28mm F3.4 ~70mm F7.9 6群6枚構成のレンズをもつズームコンパクトカメラ、重量は電池別(CR2)で180g。発売時にズームコンパクトカメラで世界最小、クローズアップ(マクロ)は35cmまで、ファインダーは視度調整可能となっている。キャッチフレーズは”大人が楽しむコンパクトカメラ”だった。

 レンズの28mm F3.4 ~70mm F7.9は、いまふりかえれば暗い印象だが、ズームコンパクトカメラとしてはまずまずの明るさ。また望遠になると被写体から離れないとピントが合わないことが多いマクロ撮影が、28mm~70mm全域で最短35cmまで可能。ここまでは製品カタログでも分かることだが、使い始めて知ったすぐれた機能がある。

 このカメラは、電源を切る直前のモードを内部記憶する。たとえば発光停止モードで撮影し一度電源を切り、つぎに電源を入れるとAUTOモードになるがモードボタンを1回押すと電源を切る前に設定していた発光停止モードになるのだ。これは撮影を一度中断してから再開するときじつに役立った。カメラ設計者は、どうすればスムーズに撮影できるか考えこの機能を入れたのだろう。

 気になるズームレンズの描写だが、単焦点と比べると少しゆるいような気がする。しかしレンズカバーがスライド式なのでケースに入れず、ポケットから取り出しすぐに撮影できる操作性はじつによく、いつも持ち歩くのに便利なカメラだった。

 下の写真は、2001年11月27日リバーサルフィルムRDP IIで撮影したものを、最近になってデジカメ+スライドコピアでデジタル化したもの。

Dsc04405_1b

| | コメント (0)

2018/01/01

新年最初の満月はスーパームーン

Dsc04417_2b

 新年といえば初日の出だが、1月2日は満月。しかも今年(2018年)、最も大きく見えるスーパームーンなのだ。上の写真は1月1日の月、もうほぼ満月。

| | コメント (0)

2017/12/24

今年のクリスマスはシュトレン

 大きなクリスマスケーキを切り分けて皆で食べる機会が少なくなったので、今年はドイツ風にシュトレンにした。これはフルーツケーキのような日持ちするドイツのパン、薄くスライスして少しづつ食べるそうだ。ところで今年は逆さクリスマスツリーが流行っているそうだが、屋外では昔からあるクリスマスツリーが一番しっくりするように思う。

Pc220588_1b


| | コメント (0)

2017/12/23

ラヂオの日々

 SONY ICF-SW7600GRは、中波から短波さらにFMが受信できるラヂオ。これはそのルーツを1990年代まで遡ることができ、現行モデルは2001年発売、今も新品で購入できるロングセラー製品。しかもいまや小型電気製品では数が少ないメイドインジャパン!

Pc160535_1b

 数年前から使っているラヂオは、ボタンを押すたびに地元ローカル局を順番に選局でき、スリープタイマーもついていて寝ながら聴くのに便利な機種だ。しかし遠い地域の放送を聴こうとすると途端に選局手順が複雑になり、寝ぼけまなこではとても操作できない。

 ここは昔ながらのダイヤル選局するタイプが良いと思い調べはじめたが、なかなか気に入ったものが見つからない。ダイヤル式ラヂオはたくさんあるが、ダイアル精度が高くしかも高感度となると少ない。それならばダイヤルにこだわらず周波数がデジタル表示されるものを探して見つけたのがICF-SW7600GR。感度は予想以上で夜ならば北海道や九州の放送も受信できる。しかもこれが外部アンテナなしで聴ける、これにはビックリ!

 今はRadikoなどで全国のラジオ放送をネット経由でクリアに聴けるが、かつては地元ローカル局でもラジオ本体(内蔵アンテナ)の向きによってはノイズに埋もれて聞きづらかった。そこでラヂオの置き方を工夫したり簡単な外部アンテナを付けたりした。それでもノイズは完全には消えないが不自由は感じなかったというか、むしろそれを楽しんでいた。新しいラヂオは、そんな古い記憶を呼び覚ましてくれる。

| | コメント (0)

2017/12/10

寒い朝

 今朝ファンヒーターを点けたら、室内の温度計が8度を示した。もちろん外はもっと寒く2度くらいだろうか、ここにきて一気に冷え込んだことを実感する。1か月予報によれば、12月前半の気温は平年より低く、後半は低いか平年並みらしい。つまり今年の12月は、平年より暖かい日がないらしい。

Dsc04340_1b

 ところで寒さに備えて靴下を新しくした。スポーツ用品店でウオーキングとかトレッキング用に販売されているもので、体の水分に反応して発熱する高機能繊維が編み込まれている。さほど発熱感はないが寒くても指先が冷たくならないので気に入っている。普段の街歩きに履くには、おおげさというかオーバースペックかもしれないが、なかなかのスグレモノだ。

| | コメント (0)

2017/12/05

明るい月

 先日の天気予報のなかで、今夜は満月、しかも地球との距離が近いので月が大きく見えるでしょうとの話があった。国立天文台のサイトをみたら「今年最大の満月」のタイトルでその話が詳しく紹介されていた。月の大小の比較、さらに次回(2018年1月2日)の予定などを分かりやすく解説している。

 その夜、外に出てみたら星空のなかに満月。それほど大きいように見えないが、いつもより明るいのは確かで、月明りに照らされた木の影が地面に伸びていた。

Dsc04372_2b

 ところで月をデジカメをオートにして撮影したら、ただ明るい丸が写っているだけで何を撮影したのか全く分からない。いわゆる餅つきウサギなどがまったく現れず、ただ白っぽい丸が写っている。そこでカメラをマニュアルモードに設定し、私が持っているレンズで最も焦点距離が長いもの(といっても200mmしかない)をつけて撮影しトリミングすることにした。ISO400、絞りをF8に固定し、月の表面の模様がはっきり分かるようにシャッタースピードを徐々に速くし1/500で撮影したのが上に載せた写真だ。これは真昼の明るいときの設定とほぼ同じ、月は想定外の明るい被写体だ!(なお写真右上部が少し暗くなっているのは満月を通り越し月齢17になっているため)。

| | コメント (0)

2017/12/02

USB3.0にまた悩む

 いつものようにUSB-DACをノートパソコンのUSB3.0ポートに接続してアルバムを聴こうとしたら動作しない。USB2.0につなぎかえると正常に動作するので、USB3.0の問題らしい。

Dsc04288_1b

 じつは、この症状はWindows10へアップグレードしたときも経験したが、それがまた発生したのだ。とりあえず以前も行った電源オプションのUSBセレクティブサスペンド無効と高速スタートアップ無効の設定をやり直したら解決した。しかしなぜ障害が再発したのだろうか、思い当たるのは先日Windows10アップデートがあったことぐらいだが。また起きるかもしれないので今回の障害をメモに残しておく。

 それにしても最近の製品は、買ったままの状態で長く使うことが難しい。製品リリースから1~2年経ると対応アプリのアップデートやファームウエアのアップデートが必要となる。新機能追加のようなものであれば、今はそれが無くても困らないからでアップデートはスルーしようとなる。しかし何々の問題を解決するとなると、やはりアップデートしようとなる。よくいえば絶えず改善されているが、いつまでも安定しないともとれるので悩ましい。

| | コメント (0)

2017/11/19

池に映る紅葉

 ローカルニュースで、深川にある清澄庭園の紅葉がはじまったとの話があった。池の中の小島にハゼの木があり、この時季になると池の水面に紅葉の姿を映すようになるのだ。ここ数年はタイミングが合わず見ていなかったので、今日訪れてみたらこのような状況になっている

Pb190475_1b_2

| | コメント (0)

より以前の記事一覧