日記・コラム・つぶやき

2019/08/11

日傘男子

 暦のうえでは立秋ですと言われても、猛暑がつづくなかでは思考が止まり季節の移ろいを確かめる気になれない。

 Dsc05775-1b_20190811163801

 そんな朝、突然ジーというセミの鳴き声がはじまり、やがてそれはツクツクツク・・・という序奏につづきツクツクボーシを繰り返した。そうだこれはツクツクボウシだ。

 こどもの頃は、夏の最初はニイニイゼミ、やがて夏休みになるとアブラゼミとミンミンゼミとなり、ツクツクボウシはお盆のころに鳴きはじめた。まるでセミの鳴き声は音の暦のようなものだったが、最近はあまりあてにならない。こう天気が激しいと、いままでの経験はあまり参考にならない。

 ところで女性の日傘姿は夏の定番だが、これからは男性も日傘をすべしとの話がTVで紹介されていた。先日、その日傘をさす男性を目撃した、それも二人だ。

 一人目は少し距離があったのでよく分からないが、黒い傘をさした男の人が夏の強い日差しのなか歩いていた。二人目は駅に向かうときにすれちがったので、少し観察できた。おおよそ50代ぐらいにみえるオジサンが、明るいグレーというかシルバーに近い傘で夏の日差しをさけながら歩いてきた。すれちがう時にちらっと見たら、傘の内側は黒で折りたたみ傘のようだった。調べてみたら、似たようなものが男性用日傘として販売されている、それは晴雨兼用の日傘男子用とのこと。

| | コメント (0)

2019/08/04

不思議なカフェの謎のメニュー

 梅雨明けしたとたんの猛暑、体が暑さに追いつかず遠出しようとした気持ちが折れてしまい隣町で間に合わせる。用事を済ませたのち休憩と水分補給のためカフェに向かう。そこは店内に大きなコーヒー豆焙煎機を設置し本格的なコーヒー専門店のようだが、メニューにはコーヒーはもちろんケーキ、パフェやサンドイッチ、ハンバーグ、ピザ、ドリアなどの軽食も載っていて、まるで昭和の喫茶店のようでもある。

Dsc04130-3b

 いつも賑わっている店だが、そのときは先客が3人だけ。主婦二人と女子大生風一人。主婦二人は子供の進学問題のおしゃべりに夢中、女子大生風は冷たいドリンクを飲み終わり一休みという様子。やがてその彼女が、ちょっと遠慮がちにタバコを吸い始めた。すぐ近くの駅中にあるチェーン展開してるカフェは分煙され喫煙室を設けているが、ここは全席喫煙可となっているので気楽に吸えるのだろう。しかも客の年齢層が高いので知り合いの同級生に会うこともなさそう、ここは彼女にとって穴場のような場所かもしれないと思わず想像してしまう。

 ところでこのカフェのフードメニューの中に、これは何だろうという食べ物がある。フレッシュトーストである。メニューにトーストもあるので、この店特製の高級食パンのトーストなのか、それともトーストに果物かフルーツジュースがついているのかと思いながら店の人に聞いたら、予想外の答えが返ってきた。これはコンビーフサンドイッチとのこと。

 注文したら、ハムサンドのハムがコンビーフとなり、それを挟むパンが軽くトーストされているサンドイッチがきた。かつてデニーズでコンビーフサンドイッチを食べたことがあったが、それと具材の組み合わせは似ているようだが、全体がマイルド味でとがったところがなく食べやすい。それにしてもこれをなぜフレッシュトーストとネーミングしたのだろうか、この不思議なカフェはいろいろ謎がありそうだ。

| | コメント (0)

2019/07/21

梅雨明けを待つ

 雨の日がつづき湿度が80%ときには100%となり、室内干しの洗濯物がいつまでたっても完全に乾かずしっとりしている。

Dsc04958-1b

 そこで最後のひと乾きのために古い衣類乾燥機を再登板させた。浴室をリフォームしたとき、浴室乾燥機能がつき衣類も乾燥できますとの話があった。衣類乾燥機は置場所もないしもう捨てましょうとなったが、ちょっとわがままを言って残してもらった。

  浴室の衣類乾燥は、洗濯物を吊り下げる位置で乾き方にバラツキがあり時々並び替えたりしないと上手くいかない。さらに温風吹き出し口が天井にあるので、丈の長い衣類はどうしても天井に近い上部はすぐに乾くが下の部分は少し時間がかかる。つまり上下左右に吊り下げ方を工夫しないといけないので、意外と手間がかかる。

 ところがドラム式の古い衣類乾燥機は、何も考えずに放り込むだけで衣類全体がフンワリ乾くのだ。ときどきフィルターの掃除が必要だが、乾燥中は手間いらずでじつに使いやすい。問題は、せっかく乾いた衣類を室内に放り出していたらまたしっとりしたことだが、これは天気のせいだから仕方がない。ああ梅雨明けが待ち遠しい。

| | コメント (0)

2019/05/15

ユズの花

 ミカンのような柑橘類の花はみな似たような形をしているので、花の姿から何の果実になるか言い当てるのは難しい。下の写真はミカンでなくユズの花だそうだ。


Dsc05661-1b

 花よりも気になるのは、画面に飛び込んできた虫たち。左はクマンバチ、右はハナアブだろうか。しばらく前にクマンバチが飛んでいるのを目撃したが、この花に誘われていたのかもしれない。

 

| | コメント (0)

2019/05/06

クマンバチが飛ぶ日

 クマンバチ(熊蜂)は、その大きくずんぐりした姿から狂暴な蜂と思われがちだが、じつはミツバチと同じように花の蜜を求めて飛び回る温厚な蜂だそうだ。今の時季であれば、満開となったフジの花の周辺でよく見かける。

P5052404-2b

 買い物へ向かう途中、クマンバチを見かけた。周辺を見回してもフジは見えないが、どこかに花のついた木があるのだろう。ホバリングのように空中に止まっていて、時々吹く風に身を任せて流れるように前後左右に移動するが、すぐにまた元の位置に戻ってくる。何か気になるものがあるのかもしれない。

 ところでハチのような昆虫が、なぜ飛べるかは長い間謎であったそうだ。従来の飛行原理では、飛ぶことは出来ないとされていたのだ。しかしその謎も解明されつつあるそうで、いずれハチに似たロボットが登場するかもしれない。

 プロペラを機体の四隅に持つドローンも最初は面白オモチャのような印象だったが、いまや業務に使われるようになりテレビ空撮では定番となり、さらに無人配送への利用も試みられている。ハチロボットも最初はぎごちない飛行しかできないかもしれないが、解決策が見つかれば一気に進化するかもしれないのだ。

| | コメント (0)

2019/05/02

市川ママ

 新聞ローカル版に京成電車の市川真間の駅名表示が、「市川ママ」となる記事があった。


P5022366-4b

 5月12日の母の日にちなんだ期間限定(4月27日から5月12日)の駅名表示で、ホームの駅名看板もカーネーションの絵柄に囲まれた「市川ママ」と特別なものが掲げられる。真間は、万葉集にも登場する古くからの地名だが、このような遊び心のある表記もありかもしれない。なお5月12日(日)は、記念入場券の販売やイベントが予定されているそうだ。詳しいことは京成電鉄のニュースを。

| | コメント (0)

2019/04/27

喫茶店でサンドイッチを

 好きなカフェの食べ物は何ですかと問われ、ナポリタン、カレーそしてサンドイッチと答えたら、”それは昭和の喫茶店ですよ!しかもうちのメニューに無いものばかり”と言われてしまった。そもそもオジサンはカフェと喫茶店の違いがよく分からない。営業許可では飲食と喫茶の違いがあるそうだが、なんとなくオシャレなカフェと昔ながらの喫茶店と思っている。

P4242324-2b

 かつて喫茶店の食べ物は軽食と言ったが今はそれは死語らしく、カフェはフードとかスナックと表記している。しかもそこにはナポリタンやカレーはなく、XXXサンドと呼ばれるものは食パンでなく柔らかいフランスパンのようなものに具を挟んだものになっている。余談だが、なぜかあのパンは町のパン屋では売っていない、一体どこで手に入れられるのだろうか。

 ところがコンビニにはサンドイッチがあふれている。三角形の食パン、具の種類も豊富で選ぶのに困ってしまうほど。しかも昔ながらの定番のシンプルな具が入ったものもしっかりある。たとえばカフェではタマゴサンドをメニューに載せているところは少ないが、コンビニにはある。

 しかしコンビニのサンドイッチは、喫茶店で食べるものと違う。作ってから時間が経っているからだろうが、パンと具が妙に馴染んで一体化している。やはりサンドイッチは、パンと具のそれぞれの食感の違いが分かり、パンの切り口がしっかりしたフレッシュ感があるものを食べたい。ソースがすっかり染み込みしっとりしたのが好まれると言われるカツサンドさえも、カツがまだサクッとしているのを食べたいのだ。

| | コメント (0)

2019/03/24

胴吹きサクラ

 桜の開花宣言がされた翌日、買い物ついでに大通りのサクラを見てきた。目で枝を追うとところどころ咲いているが、まだツボミの1割も開いていない。ところが目を下に転じると幹から直接生えたように咲いた花がいくつかある。しかもそこにあるツボミの6割ぐらいがすでに開き若葉も出ている。


P3222221-2b


 以前、天気予報の豆知識で解説していたが、枝先でなく幹に花をつけるのを胴吹きと言うそうだ。これは勢いあり余って咲くのかと思ったら、じつはまったく逆で、古木になると見られる現象で木の勢いが衰えたことを示すとのこと。さらにヤマザクラの寿命は約300年ぐらいあるが、ソメイヨシノは60年ぐらいしかないそうだ。

| | コメント (0)

2019/03/21

住宅街のフキノトウ

 先日、住宅街のブロック塀と電信柱に囲まれたところでフキノトウを見かけた。遠くから見たときは、造花のようなものが地面に落ちているのかと思ったが、近づいてみたら本物のフキノトウ。しかも大小二輪だ。誰かが育てているのかそれとも自生したものか、なぜここにという疑問を持ちながらもしばし見入ってしまった。
P3052184_1b_2


 早春の信州で山菜採りをしたとき見かけたのか、もしかしたら図鑑で見たのかもしれないが、フキノトウといえば北国に春が来たことを示す野の花のイメージがある。まだ少し残る雪を割るように地面から出てくる薄緑のツボミの姿だ。あらためて植物図鑑で調べたら、フキは日本全国に広く分布しており、山地や平野の道ばたにはえるとある。となれば住宅街にあっても不思議はないようだ。

| | コメント (0)

2019/03/16

次々生まれる略語に悩む

 ニュースの見出しの中に、ときどき知らない言葉を見かけることが増えてきた。先日あったのは著作権改正案の説明にあった「スクショ」だ。本文を読んでそれが「スクリーンショット」の略であることを知ったときは、自分はすっかり言葉の感覚が鈍ったと落ち込んでしまった。

P2202162_1b

 じつは昨年末も似たような経験をした。エレベーターの中で「マステで楽しみませんか」というポスターを見かけた。「マステ」とは何だろうか?まったく思いつかなかったが、帰りにポスターをもう一度ゆっくり見たら、それは画材屋のポスター。そこでようやく気づいた、これは「マスキングテープ」の略だろう。そういえばその画材屋でマスキングテープの特別展示をしていた。

 もちろん「スクリーンショット」や「マスキングテープ」がどのようなものかは知っている。しかし「スクショ」や「マステ」からそれらにすぐに結びつかないのだ。業界用語など限られた分野だけで使われる略語なら分からないのもありだが、ニュースや街中で見かける言葉が分からないのは困ってしまう。これは何とかしなければと思うが、さてどうすればよいのだろうか。こんなことを考えていたら、またまた知らない言葉に出会った。今度は「サブスク」だ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧