2020/09/20

秋彼岸百日紅

 

|

2020/09/16

秋雨百日紅

|

2020/09/02

秋のきざし

 連日の35度近くの猛暑に体がすっかり慣れたようで、最高気温が30度に届かないだけで少し涼しく感じた。

Dsef0122-1f

 山は100メートル上ると気温は0.6度下がると言われるが、仮に気温がいつもより6度下がったとすればそれは1000メートルの山に登ったのに等しい。たとえば軽井沢駅は標高が940mだから、東京から軽井沢へ移動したとき感じる涼しさだろうか。

 久しぶりに冷房をつけず網戸ですごした日の夜、窓を閉めるとき気づいた、虫の声である。どこで鳴いているかは分からないが、秋の虫の声だろう。

 その鳴き声を収録するため動画を撮ってみた、画像は真っ暗だが小さく虫の声が記録されている。音で知る秋のきざしだ。

| | コメント (0)

2020/08/30

危険な暑さの夏

 木曜日、朝からモクモクと広がった雲は、夏の強い陽射しを受けて白く輝き。天気予報は、大気不安定による突然の雷雨の可能性を伝えていた。

Dsef0128-1f

 気象サイトで雨雲の状況を見たら、我が家の東10㎞ぐらいの所に直径2㎞ぐらいの小さな雨雲の塊。この雨雲が西へ移動すれば、30分後この付近に雨が降りそうだが、どうだろうか。小さな雨雲は突然湧くが、その逆にあっというまに消えてしまうこともあり予測が難しい。

 30分後に雨。しっかり降れば少し涼しくなるかと期待したが、雨が降ったのは10分間ほど、強い陽射しにまったく効果がなくかえって蒸し暑さが増した。ゲリラ豪雨は困るが、涼しさをもたらす雨が待ち遠しい。

 それにしても「危険な暑さ」という言葉に納得してしまうほどの猛暑が続いている。今朝も防災無線が、「熱中症警戒アラート」を伝えている。

| | コメント (0)

2020/08/23

猛暑のなか芙蓉を見る

 強い陽射しを避けるため日陰を選んで道を右へ左へ歩いていたら、少し目が回ったような。

Dsef0049-2f

 もしかして熱中症かと思いながらベンチで一休みしたらすぐに回復。天気予報で危険なほどの暑さという表現を聞くことがあるが、そうかもしれないと思ってしまう。

 帰り道はゆっくり歩くことに、途中、小さな庭園に立ち寄り休憩。ぐるっと見渡したら庭隅の木陰にうずくまる人影、もしかして体調が悪いのかと心配しながらよく見たら、樹木の地面近くの枝を手入れしている人だった。無事でなによりである。

 視線を近くの植え込みに戻したら、木陰の中に白い芙蓉の花が一輪だけ咲いていることに気づいた。芙蓉の花の寿命は短く、朝に開き夕方には萎んでしまう一日花。花びらは薄い紙のようにとても繊細に見えるが、木陰とはいえ猛暑に負けずしっかり咲いている。見かけによらず逞しい花のようだ。

| | コメント (0)

«ツクツクボウシの初鳴き