2024/03/08

サクラ前線異常あり?

 枝先に薄いピンクの花がついている木を見かけた。わずかだが若葉が芽吹いている、たぶんヤマザクラの仲間のように思うが品種は分からない。

Dscf6300-1c

 今年の東京のサクラ開花日は、日本気象協会(tenki.jp)は3月19日と予測しており、これは全国で一番早い開花となる。何をもって開花とするかは、毎年TVニュースの気象コーナーで語られるので説明は不要だろう。

 また開花日をどのように予測するかも話題となる。それは二通りあり、2月1日以降の累積最高気温が600℃に達する、または累積平均気温が400℃に達する日をもとに予測できるそうだ。ただし気象会社はそれぞれ工夫を加えているらしく、各社の開花予測日は少しばらつく。

 あらためて東京の2月をふり返ってみれば、2月なのに20℃を超える日があった。となれば東京のサクラ開花が早そうなことは、そうだろうとなる。しかしそれが全国で一番早いとなると、南から北上するサクラ前線はどうなるのだろうか?

|

2024/03/03

河津サクラを観る

 地元の人から教えてもらった江戸川沿い(千葉県側)の河津サクラを観てきた。

Dscf6287-1c

 雲一つない快晴の日曜日とあって花見客がたくさん。家族連れをはじめに、散歩をする人、ランニングする人、サイクリングする人、ペットを連れたグループ、カップル、外国語の会話も聞こえるなか、皆それぞれ満開のサクラの下に立ち止まりスマホで撮影している。

 ひときわ目立つ親子連れは、小さな子供がバッグを背負い、お父さんとお母さんはドレスアップ、女性カメラマンが本格的カメラで撮影。これは子供の新入学記念アルバムの撮影だろうか。

 帰り道の途中スーパーに立ち寄ったら、店員さんが「ちらし寿司」「ハマグリ」ありますと呼び込み。今日はひな祭りの日だった。

|

2024/03/01

アスリートのような鳥

 いつもメジロを蹴散らしエサを独り占めしようとするヒヨドリだが、そのバトルにときどき第三のメンバーが参戦することがある。

Dscx0558-1c_20240227201701

 胸に斑模様をもち羽の一部が朱色の鳥は、冬に北国からくる渡り鳥のツグミ。

 ツグミはヒヨドリとほぼ同じ大きさだが、エサを前にするとヒヨドリに負けないというか圧倒する。その姿は、都会暮らしのスマートなヒヨドリと違って胸板がぶ厚いアスリートのよう。

 ところでいかにも屈強そうなツグミは、じつは短命らしいという話がある。

 山科鳥類研究所の「日本の野鳥の最長生存期間」によれば、ツグミ5年3ヶ月、メジロ6年10ヶ月、ヒヨドリ10年4ヶ月であり、これら都会で見られる三種類の鳥の中ではツグミが一番短命でヒヨドリのほぼ半分しかない。これはヒヨドリが並外れて長生きとも考えられるが、ちょっと気になるデータだろう。

|

2024/02/16

山の上ホテル休館

 駿河台下の坂道から見上げる台地の上にクラシックな洋風建物がそびえている、山の上ホテルである。TVニュースによれば、その山の上ホテルが2024年2月13日から休館となった。

Dscx0822-1c

 上に載せた写真は、山の上ホテルの喫茶(パーラー)でもらったコースター。60th ANNIVERSARY とあるから創業60周年を記念したものだろう。

 ニュースでは今年が創業70周年と紹介していたから、これは10年前の2014年のものとなる。じつは2014年はHILTOP ANNEXの名を掲げていた別館が閉館された年、たぶんそれもあって記念品としてもらったようだ。

 さて気になる山の上ホテルの今後はまだ未定だそうだが、どうなるだろうか?

 ところで時々利用するカフェのコースターはオシャレデザインのシリコン製。紙製は使い捨てだが、シリコン製は何度も使え省資源になるそうだ。こうなるとこのコースターもらってもいいですかと気軽にお願いすることは出来ない。

|

2024/02/10

An affair to remember

 Hit Jazz Bookは、前回の月光価千金で紹介したOur Jazz Songから約20年後の1958年(昭和33年)に発行された楽譜集。

Dscx0735-1c

 その目次は、ニュー・ヒット、ポール・アンカ・ヒット、エルビス・プレスリー・ヒット、映画主題歌、カレント・ヒット、ユア・フェバリット・ソングスの6グループに分けて曲名を並べている。このようにグループ分けしたなら本のタイトルはHit Music Bookとでもしそうだが、Hit Jazz Bookとしている。

 どうやら昭和の始めから30年代までは、ジャズという言葉はシャンソンやタンゴを含めて幅広い音楽に使われていたようだ。もしかしたらクラッシクでない西洋音楽ぐらいの意味かもしれない。

 ところでHit Jazz Bookに「想い出のロマンス」として掲載されている曲がある。これは1957年に公開された映画「めぐり逢い」の主題歌で原題はAn affair to remember。直訳すれば「想い出の出来事」や「記憶に残る事件」になりそうでロマンスという言葉はすぐに思い浮かばない。

 しかしBSで映画を観たらストーリーはまさしくラブロマンス、さらに歌詞のなかにA love affair to remember とありAn affairは恋愛のこと。となれば主題歌名「想い出のロマンス」もなるほどとなる。下に載せたのは映画「めぐり逢い」の主題歌シーン。

|

«2月のノゲシ