« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

2020/08/30

危険な暑さの夏

 木曜日、朝からモクモクと広がった雲は、夏の強い陽射しを受けて白く輝き。天気予報は、大気不安定による突然の雷雨の可能性を伝えていた。

Dsef0128-1f

 気象サイトで雨雲の状況を見たら、我が家の東10㎞ぐらいの所に直径2㎞ぐらいの小さな雨雲の塊。この雨雲が西へ移動すれば、30分後この付近に雨が降りそうだが、どうだろうか。小さな雨雲は突然湧くが、その逆にあっというまに消えてしまうこともあり予測が難しい。

 30分後に雨。しっかり降れば少し涼しくなるかと期待したが、雨が降ったのは10分間ほど、強い陽射しにまったく効果がなくかえって蒸し暑さが増した。ゲリラ豪雨は困るが、涼しさをもたらす雨が待ち遠しい。

 それにしても「危険な暑さ」という言葉に納得してしまうほどの猛暑が続いている。今朝も防災無線が、「熱中症警戒アラート」を伝えている。

| | コメント (0)

2020/08/23

猛暑のなか芙蓉を見る

 強い陽射しを避けるため日陰を選んで道を右へ左へ歩いていたら、少し目が回ったような。

Dsef0049-2f

 もしかして熱中症かと思いながらベンチで一休みしたらすぐに回復。天気予報で危険なほどの暑さという表現を聞くことがあるが、そうかもしれないと思ってしまう。

 帰り道はゆっくり歩くことに、途中、小さな庭園に立ち寄り休憩。ぐるっと見渡したら庭隅の木陰にうずくまる人影、もしかして体調が悪いのかと心配しながらよく見たら、樹木の地面近くの枝を手入れしている人だった。無事でなによりである。

 視線を近くの植え込みに戻したら、木陰の中に白い芙蓉の花が一輪だけ咲いていることに気づいた。芙蓉の花の寿命は短く、朝に開き夕方には萎んでしまう一日花。花びらは薄い紙のようにとても繊細に見えるが、木陰とはいえ猛暑に負けずしっかり咲いている。見かけによらず逞しい花のようだ。

| | コメント (0)

2020/08/16

ツクツクボウシの初鳴き

 昨日の早朝、はるか遠でツクツクボウシが鳴いていたようだったが、窓を開けたときは止んでおり確認できず。今朝、その鳴き声が大きく響き渡った、間違いなくツクツクボウシの初鳴きだ。

Dsef0012-1f

 いつものように気象庁の生物季節観測累年表で調べてみたら、東京のデータはないが横浜の平年値は8月12日とある。私の記憶ではツクツクボウシは、お盆の頃になると鳴きはじめる。今年は猛暑がつづきセミも鳴きはじめる時期に戸惑うのではと思ったが、今日のツクツクボウシはほぼ例年どおり。

 ところで住宅の格子隙間にセミの抜け殻を見かけた。近くに大きな木があるのに何故この格子を選んだのだろうか、またこれは何セミだろうか?

| | コメント (0)

2020/08/09

マクロ双眼鏡

 自然観察のために双眼鏡を購入した。いくつかの候補の中から最終的に選んだのはPENTAX Papilio II 6.5x21。

Dsdf1069-1f

 今回の双眼鏡選びの決め手は最短距離。カタログを見ると分かるが、双眼鏡の最短距離は2mから3mぐらいが多くて12倍とか16倍などの高倍率になると10mになるものもある。バードウォッチングならば対象に3m以内に近づくのはめったにないかもしれないが、草花の場合は0.5mから1.5mぐらいが多い。いわゆる少し屈んだり立ったまま自分の足元を見る距離感だ。

 Papilioの最短距離は、なんと0.5m(50cm)、メーカーでは博物館・美術館の展示品を間近に鑑賞できることをアピールしている。それは通常は単眼鏡の守備範囲だが、双眼鏡なら立体感豊かに観察できるメリットがある。同じように距離が短いことをうたう双眼鏡は他社からも出ているが、Papilioは特殊な機構を盛り込んでいる。

 それは、「対象物への距離が近づくにつれて左右の対物レンズの間隔が狭まる」、光学用語で輻輳(ふくそう)補正と呼ばれる、いわゆる寄り目になる機構である。これにより近くのものも違和感なくしっかり中央にとらえることができる。

 倍率6.5と8.5のどちらのモデルを選ぶか迷ったが、店頭のデモ機を試し手振れの影響があらわれにくい低倍率の6.5を選んだ。まだ使いはじめて間もないが、確かに対象にすごく寄れる。たとえばリビングのテレビはもちろん、目の前に置いてあるノートパソコン画面も見るとドットがはっきり分かるほどだ。

| | コメント (0)

2020/08/02

ユリズイセンの花

 近所で赤い花が咲いていた。いろいろ調べてみたら、ユリズイセンのようだ。

Dsdf1117-1f

 あらためて「ユリズイセン」をキーワードにして検索したら、新宿御苑のお知らせの中に”ユリズイセンがみごろ”というページがあり、写真とともに紹介されていた。それによれば、ユリズイセンはブラジル原産、日本には大正時代末期に渡来し、別名はインカのユリとある。

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »