« アカマンマの花は | トップページ | 蜂とお茶の花 »

2020/11/08

ヨメナの花

 花弁が、わずかに紫色を帯びているこれはヨメナ(嫁菜)の花。

Dsdf1607-2f

 学名にAster Yomenaとあるように、ヨメナは日本固有のキク科植物である。

 写真では葉の一部が虫に食われているが、春のヨメナの若葉が食べられることは植物図鑑にも記載されている。しかもなかなか美味しいらしい。ただしヨメナに限らず、まだ花のない春先に草の種類を見分けるのはとても難しいのは、食べられる野草に共通する問題だ。

 ところでキク科植物は食用となるものが多い。春菊は説明不要だろうし、じつはレタスもキク科である。これらは地上にある葉や茎を食べるが、地中にある部分を食べるものもある。キクイモは、花はキクのようで地中にイモのようなものが出来ることから付けられた名前だそうだが、これもキク科であり地下茎にできるイモは食べられる。

|

« アカマンマの花は | トップページ | 蜂とお茶の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アカマンマの花は | トップページ | 蜂とお茶の花 »