« 大きなイチョウの木の下で | トップページ | 冬至の梅 »

2020/12/20

2020豪雪

 12月半ばなのに大雪、関越自動車道では立ち往生する車が続出し、それは上下合わせて2100台に達したそうだ。

 

 このような大雪になると気象解説でよく引用されるのが、サンパチ豪雪と呼ばれる昭和38年1月の豪雪。この時は多くの列車が止まり出発したものの雪にはばまれ大幅な遅延が発生したそうだ。以前、何かの特番で当時のニュース映像が放映されたので、もしかしてYoutubeにあるかと調べたら当時の様子を記録した映像があった。

 「豪雪とのたたかい」は当時の国鉄が企画した、豪雪による鉄道被害とその救援作業の記録映画のようなものだが、雪に埋もれる商店街も記録されている。あまりの雪に除雪車も進めず、最後は人力頼みになることが分かる映像だ。

|

« 大きなイチョウの木の下で | トップページ | 冬至の梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大きなイチョウの木の下で | トップページ | 冬至の梅 »