« 三日月と宵の明星 | トップページ | ドングリの行列 »

2021/11/13

ずん喫茶開店

 古くからある東京の喫茶店を巡る番組「飯尾和樹のずん喫茶」が、BSテレ東で始まった。

Dsc01464-1g

 初回は浅草、二回目は神田、三回目は上野、最後となる四回目は11月14日放送予定で銀座地区だそうだ。この番組のことを知ったときはすでに三回目まで放送済みだったが、「Tver」や「ネットもテレ東」で過去の回を観ることができた。どれも興味深いが、やはり神田の回に登場したラドリオとショパンは入ったことがあるので二度も見てしまった。

 どちらもノスタルジックで居心地の良い店だが、BGMにシャンソンとクラシックを選んでいるようにそれぞれ個性が違う。古い建物ながら店主・スタッフをともに若い人をそろえたラドリオはレトロカフェ、クラシカルな内装をもつ店内をベテランの店主・スタッフでかためたショパンは昭和モダン喫茶だろうか。どちらもチェーン展開しているカフェとは一味も二味も違う存在感がある。

 飯尾さんは、店主やスタッフやお客さんとの会話から店の歴史やおすすめメニューをうまく聞き出してしまう。それが無理がなくじつに自然体なのだ。当初は四回限りの番組だったそうだが、どうやら続編が制作されるらしい。それにしても「モヤモヤさまぁ~ず」もそうだが、テレ東は緩い感じの番組を作るのが抜群に上手く、それはBSでも言えるようだ。

 上の写真は2015年に撮影したラドリオ。このときは創業66周年だった。

|

« 三日月と宵の明星 | トップページ | ドングリの行列 »