« こんなところに気温計が | トップページ | レコード・カフェでアンフォゲッタブル »

2022/08/06

紙ジャケCDに悩む

 ジャケット裏の解説文を読もうとメガネを取り出したら、「年寄りみたいですよ」と喫茶店のマスターから言われてしまった。

Dscf1845-1t

 いやもう歳ですからと答えながら、そういうマスターも私と同じ年齢だっとことを思い出した。マスターもそれに気づいたのか、「私たちの歳ではそれは読めないですね」と言いながら、棚からLPを取り出しこれどうそ渡してくれた。

 私が読むのに苦労していたのはLPレコードをそのままCDサイズにした紙ジャケットのCD、いわゆる紙ジャケCD。表の画とアルバムタイトルは読めるが、裏の解説文が読みにくい。なにしろ30cm四方のLPジャケットを12㎝四方のCDジャケットに縮小すると、5㎜角の文字も2㎜角になってしまう。

 やはり、LPジャケットはあのサイズならではデザインがされていたのだろう。紙ジャケCDにLPと同じものを求めるのは無理と分かっていても、ついぐちがでてしまうのだ。

|

« こんなところに気温計が | トップページ | レコード・カフェでアンフォゲッタブル »