« 1958年のカラースライドに写っていたのは#1 | トップページ | 三日月から »

2022/10/29

1958年のカラースライド#2 チャイナタウン

 1958年サンフランシスコの2枚目の写真は、一方通行の道路に沿ってオリエンタル風の建物が並ぶ様子を撮ったもの。

Dscf2235-1a

 通りの右側に大きく赤地に白で「CHOP SUEY」と書いた縦に細長い看板、Chop sueyはチャプスイと呼ばれるもので、様々なバリエーションがあるらしいが五目あんかけのようなものらしい。これはアメリカ風中華料理のメニューによくあるものだそうだ。通りの左側に屋根の端が反り返った塔をのせた建物が数棟並んでいる。交差点角左側のビルには「SING CHONG」の文字。ここはサンフランシスコのチャイナタウンだろう。

 Youtubeでこの道をドライブしている映像を見ると、CHOP SUEYの看板は文字は書き換えられているが同じ場所にある。交差点に面した塔をのせたビルも健在で、外観はいまも1958年当時とほぼ同じ。たぶん写真に写っていない通りの先に並ぶ建物も大きく変わっていないだろう。映像に次々あらわれる看板、最初は英文字だけだが、奥に進むにつれて漢字のものが増えてくる、その変化が興味深い。


|

« 1958年のカラースライドに写っていたのは#1 | トップページ | 三日月から »