« 柿紅葉 | トップページ | もう一度コンパクトカメラ番外編・フイルムがありません! »

2022/11/21

あの頃の二つのジロー

 かつて御茶ノ水近辺で”ジローへ行こう”と言うと、”どっちのジロー?”となることがあった。手軽にしっかりランチを食べようとなるとキッチンジローだが、たまにはオシャレな店へとなると喫茶ジローとなった。

Dsdf2305-1f

 キッチンジローも喫茶ジローも同じジローという名をもつが、この二つはまったく別の会社。キッチンジローは、創業者小林二郎の名に由来し、駿河台下・神保町に店があった。喫茶ジローは、シャンソン歌手イヴェット・ジロー(Yvette Giraud)の名に由来すると言われ、御茶ノ水に店があった。イヴェット・ジロー由来説は都市伝説ではないかとの声もあったが、これは本当の話らしい。

 じつは最近になって知ったのだが、「このまま100歳までおいしゅうございます」(岸朝子、東京書籍、2012年)の中で、著者は”昭和30年(1955年)主婦の友社に入社した私は、会社から歩いて5分ほどの駿河台下にできたシャンソン喫茶「ジロー」に通いはじめた”とあり、”ジローは経営者の沖広治さんが集めた1000枚あまりのレコードが売りだった”、さらに”店名は当時の人気歌手イベット・ジローから”と述べている。これはシャンソン喫茶時代のジローへ実際に通った人の話だから確かだろう。

 上に載せた写真は、イヴェット・ジローのCD(サイン入り)。

|

« 柿紅葉 | トップページ | もう一度コンパクトカメラ番外編・フイルムがありません! »