自然観察

2024/03/08

サクラ前線異常あり?

 枝先に薄いピンクの花がついている木を見かけた。わずかだが若葉が芽吹いている、たぶんヤマザクラの仲間のように思うが品種は分からない。

Dscf6300-1c

 今年の東京のサクラ開花日は、日本気象協会(tenki.jp)は3月19日と予測しており、これは全国で一番早い開花となる。何をもって開花とするかは、毎年TVニュースの気象コーナーで語られるので説明は不要だろう。

 また開花日をどのように予測するかも話題となる。それは二通りあり、2月1日以降の累積最高気温が600℃に達する、または累積平均気温が400℃に達する日をもとに予測できるそうだ。ただし気象会社はそれぞれ工夫を加えているらしく、各社の開花予測日は少しばらつく。

 あらためて東京の2月をふり返ってみれば、2月なのに20℃を超える日があった。となれば東京のサクラ開花が早そうなことは、そうだろうとなる。しかしそれが全国で一番早いとなると、南から北上するサクラ前線はどうなるのだろうか?

|

2024/03/03

河津サクラを観る

 地元の人から教えてもらった江戸川沿い(千葉県側)の河津サクラを観てきた。

Dscf6287-1c

 雲一つない快晴の日曜日とあって花見客がたくさん。家族連れをはじめに、散歩をする人、ランニングする人、サイクリングする人、ペットを連れたグループ、カップル、外国語の会話も聞こえるなか、皆それぞれ満開のサクラの下に立ち止まりスマホで撮影している。

 ひときわ目立つ親子連れは、小さな子供がバッグを背負い、お父さんとお母さんはドレスアップ、女性カメラマンが本格的カメラで撮影。これは子供の新入学記念アルバムの撮影だろうか。

 帰り道の途中スーパーに立ち寄ったら、店員さんが「ちらし寿司」「ハマグリ」ありますと呼び込み。今日はひな祭りの日だった。

|

2024/03/01

アスリートのような鳥

 いつもメジロを蹴散らしエサを独り占めしようとするヒヨドリだが、そのバトルにときどき第三のメンバーが参戦することがある。

Dscx0558-1c_20240227201701

 胸に斑模様をもち羽の一部が朱色の鳥は、冬に北国からくる渡り鳥のツグミ。

 ツグミはヒヨドリとほぼ同じ大きさだが、エサを前にするとヒヨドリに負けないというか圧倒する。その姿は、都会暮らしのスマートなヒヨドリと違って胸板がぶ厚いアスリートのよう。

 ところでいかにも屈強そうなツグミは、じつは短命らしいという話がある。

 山科鳥類研究所の「日本の野鳥の最長生存期間」によれば、ツグミ5年3ヶ月、メジロ6年10ヶ月、ヒヨドリ10年4ヶ月であり、これら都会で見られる三種類の鳥の中ではツグミが一番短命でヒヨドリのほぼ半分しかない。これはヒヨドリが並外れて長生きとも考えられるが、ちょっと気になるデータだろう。

|

2024/02/03

2月のノゲシ

 11月から観察をしているノゲシが2月になっても新たな花をつけている。

Dscx0788-1c

 暖冬とはいえ真冬のような寒さの日があったので枯れるかと思ったが、いまだに茎と葉は緑を保ち新しい花も咲いている。しかし花径は11月ごろと比べると小さくなりミニチュアのような。

|

2024/01/18

今年最初の上弦の月を見る

 1月14日夕方、西の空を見上げたら細い月があった。この日の月齢は2.6だから、まさしくこれは三日月と言えるだろう。

Dscx0660-2c

 月の満ち欠けを表す言葉のなかで、十三夜(じゅうさんや)、十五夜(じゅうごや)、十六夜(いざよい)など数字が入るものはその月の映像がすぐ思い浮かぶが、立待月(たちまちづき)や居待月(いまちづき)となるとまるでお手上げ。立待月は十六夜の翌日、居待月はさらにその次だそうだが、これらはあまり聞かない言葉だから知らなくても問題はないだろう。

 ところで歌にもある上弦の月は、どのような月だろうか?私は長いあいだ、三日月からそれが段々太くなり月の半分直前まではすべて上弦の月だと思っていた。じつはこれは間違いで、新月をすぎて最初の半月が上弦の月だそうだ。つまりピンポイントで上弦の月の日があり、今年最初のその日は1月18日。

Dscx0692-1c

 残念ながら18日は空に薄い雲が広がり月はぼんやりしていたが、満ち欠けの様子は分かりそうなので撮影。それが上の写真、今年最初の上弦の月である。

|

2024/01/13

1月のノゲシ

 11月に冬に咲くノゲシの花のことを書いたが、それが年を越して1月になっても咲いている。

Dscx0636-1c

 いままでノゲシの花は夏に咲くと思っていたが、図鑑で確認するともう少し幅広いようだ。前回紹介した牧野植物図鑑では開花時期をふつう4-7月としているが、別の新しい図鑑では3-10月としている。どちらにしろ夏を挟んで春から秋にかけて咲くようだ。

 それが12月さらに年を超えて1月でも咲いている。一言でいえば季節外れの開花だろうが、これは今回限りの現象だろうか?もしかして開花期間がさらに広がることの前兆かもしれない。これがつづけば、いずれノゲシの花は1年中見られるようになるのだろうか?

|

2023/12/29

今年のメジロは・・・

 毎年この時季に見かけるメジロが今年もやってきた。

Dscx0031-2c

 いつもは体の大きいヒヨドリに追い払われてしまうメジロだが、今年はそのような光景が見られない。ヒヨドリは枝に残る熟した実を啄み(ついばみ)、メジロは剪定で落とされた実を啄んでいる、どうやら棲み分けをしているようだ。

 今年はクマが市街地に出没したことが度々ニュースになった。本来なら山にいるクマがなぜ市街地に下りてきたのかの理由として、クマの主食となる山にある木の実(ブナやドングリ)の不作が原因だろうと説明されていた。食べ物の過不足はクマの行動に大きな影響を与えるらしい。

 メジロとヒヨドリの棲み分けも、似たようなものかもしれない。ただしこちらは食べ物不足でなく、十分にあることが関係していそうだ。この先、冬が深まり枝に付いている実が食べ尽くされたら新たな展開が起きそうだが、いましばらくは平穏な光景が見られそうだ。

|

2023/12/27

今日は今年13回目の満月の日

 ラジオ深夜便各地の話題コーナーで、今日(12月27日)は今年13回目の満月の日との話があった。私は半分寝ぼけてどういうことか分からないまま寝てしまったので、朝起きてから調べてみた。

Dscf3963-2c

 調べたら、これは太陽暦(1年365日)と太陰暦(1年354日)の11日間の差により生ずるもので、簡単にいえばその年の最初の満月が1月11日以内だと、その年は13回満月があるそうだ。たとえば2023年の最初の満月は1月7日だったので、今年は13回目の満月がある年となる。上に載せた写真は2023年12月27日撮影。

|

2023/12/22

冬植物図2023

 ようやく紅葉が始まったが、あっというまに色が失せて薄茶色になってしまった。始まりが遅ければ終わりも遅くなり冬になっても楽しめるかと期待したが、どうもそうではないようだ。

Dscf3815-1c

 昨年と同じように剪定ゴミを集めてみた。たぶん昨年と変わらないだろうと思ったら、新顔が紛れている。たとえばピンク色のサザンカの花、茶色の丸いものはお茶の木の実、紅い万両の実、これらは今年が初登場。カキは去年は不作で見かけなかったが、今年は豊作のようだ。

 昨年はあったが今年見かけないものは何だろうか?じっくり見比べたら、今年はヒヨドリジョウゴの紅い実がないことに気づいた。そういえば夏に咲くヒヨドリジョウゴの小さな白い花を見なかったような、どうやら消えてしまったようだ。

|

2023/12/15

イソギクに出あう

 ときどき立ち寄る公園の通路に沿って背丈の低い草が植えられている。しばらく前から小さな黄色い花をつけていたが、草丈が伸びるとともにその花が大きくなってきた。

Dscf6153-3c

 調べてみたらこれはイソギクらしい。イソギクは漢字で磯菊と書き、その名は海岸沿いの磯近くに生える菊に由来するそうだ。

 花が少なくなり景色がモノクロームに変わりはじめた初冬、イソギクの鮮やかな黄色い花は遠くからもひときわ目立つ。その花にぐっと近づくと、花の蜜を求め虫が集まっていることに気づく。じつは上に載せた写真にも虫が写っている、中央で羽を広げているのはハナアブだろう、左上にも虫がいるがこちらは種類不明。

|

より以前の記事一覧